収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
旧第一金庫本店

1925年,東京都新宿区,設計不詳,現存(撮影:2014年)

 戦前の建物が急速に姿を消しつつある中で、さらにこのような大正時代の香りを濃厚に漂わせる建物が現役で使われているのを見ると、嬉しさと敬意が同時に込み上げてくる。現在は「ビストロかがり火」という料理店となっている。

 同店の前身「浪漫亭」のHPには建物の沿革も記されていた。それによると1925(大正14)年に建てられたらしく、関東大震災後の復興期の遺構という見方もできようか。震災直後は「バラック装飾社」などをはじめとした芸術家の活動により、斬新なファサードデザインが残骸だらけの街並みに活気を与えていたのだが、そうした歴史を彷彿とさせるに十分なユニークな外観である。 
 また今や周囲の高層建築と比べてスケール的にアンバランスとなりながらも、ひとり健気に昔の街並みスケールの実像を伝える貴重な生き証人のようでもあった。

    

 残念ながら設計者などどうも分からないが、ブログ(あれやこれやの近代建築)が『第一金庫発達史−逞しき戦ひの二十年』と題された戦前の社史を紹介されているのをみつけた。近代デジタルライブラリーの中で公開されている本であり、その中で唯一建物情報として載っていたのが下の1枚の建物のモノクロ画像であった。

    



        




 
| 1920年− | 16:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
軍需生産美術推進隊による像、2点
 福島県いわき市は私が小学校高学年から高校卒業まで暮らした地として思い出深く、実家もそこにある。ただ暮らしていたあの当時、既に常磐炭鉱については既に操業を終え、櫓の廃墟が遠くの山にかすんで見えたかすかな記憶が残る程度なのである。

 さて炭鉱が繁栄した往時の名残りとして、戦時中に戦意高揚を目的として制作されたセメント彫像が2点もいわきに現存しているということを数年前に知り、やっとこの正月の帰省の折に訪れることができた。全国で11か所中9点がレプリカ含めて残っているらしく、そのうちの2点が現存ということはまあまあたいしたものだ。

 それにセメントを用いた彫刻作品というのも、金属を使用することが不可能な時代を象徴する貴重な芸術作品の事例と言えるのではないか(尤も戦時中とは関係なくセメントを素材とした彫刻作品も生み出されたのも事実ではあるが)。
 建築の分野ではセメント、コンクリートの使用は近代を象徴する素材として扱われるが、その素材が他の意味をまとうのも興味深いところである。

         

 訪れたのはいずれも昭和19年4月に結成された「軍需生産美術推進隊」という美術作家らの共同制作による作品であった。しかし当時のこと、モデルの炭鉱夫は戦力エネルギーを担う「産業戦士」であり、そのイメージを作り戦意を鼓舞する人も芸術家ではなく「推進隊」つまり戦士でなければならなかった。国家総動員の時代は誰もが戦争参加者でなければならなかったことを示す、そうした歴史の傷跡を今日に伝えている点も見逃すわけにはいかない。
 前置きが長くなってしまった。


■《産業戦士の像(進発)》(いわき市好間町、旧好間炭礦蠧癲(上画像も同じ))

         


         


          

 「彫塑部隊」は圓鍔勝三、木下繁、中村直人、長沼孝、峰孝の5人であった(*1)。戦後を担う彫刻家ばかりである。

         

         


 この像のある旧好間炭礦は常磐炭田の中でも好間炭礦は専用の鉄道を持ち、現在でも鉄橋の遺構が残っている。そして大正4年から古河鉱業の所有となったそうである(*1)。
 その名残りとして「古河」の文字を刻んだ親柱がぽつんと立っていた(▲)。現在も付近には古河の名を冠した工場がいくつもある。

         

トロッコの鉄道を跨ぐ橋(▲)の先の管理事務所の前(「着到」と呼ばれた(*2))にこの像は立っていた。

         

 周囲の茫洋とした周辺の光景に言葉も無い(▲)。



■《坑夫の像》(いわき市常磐湯本町、いわき市石炭化石館)

         

         

 1984年に開館した常磐炭田と恐竜の化石の博物館「いわき市石炭・化石館」の入口脇にこの像は鎮座する。石炭化石館のある地はもともと常磐炭礦蠅旅8をはじめとした諸施設が密集していた場所であった(*3)。
 台座の裏面(▼)には文字が刻まれていた。

             彫像寄贈製作者
              軍需生産美術推進隊
               中川為延
               林是
               野々村一男
               中野四郎
               清水多嘉示
               古賀忠雄

             昭和19年10月18日

         



                 ****

 これら2点の像は芸術家達が渾身の力を込めて才能を発揮した作品であろうことは間違いないが、国策がきっかけとなって生まれた作品でもある。いわば国粋主義の果てに位置する作品ということになろうか。しかしもしも仮に、何も知らずに見せられた私が共産主義のプロパガンダを目的とした像と言われたとしたらどうであろうか。たぶん何も迷うことなくそう思ってしまったかもしれない。右であろうと左であろうと、対極にある体制を表わすのにモチーフにそう大きな違いはないということか。

 戦時国粋主義は破滅に至り、共産主義国家も今や消えゆく過程にある。さて芸術作品について言えば、そこにまとわりついた制度的背景は廃れようとも、芸術家の純粋な才能の精華だけは真実として消え失せることなく人を感動させ続けるのかもしれない。そうした部分があるからこそ、全国に点在する推進隊のセメント彫刻は生き続けているのではないだろうか。
 


*1:《旧好間炭礦蝓→古河好間炭礦)における炭鉱鉄道などの遺構(小宅幸一)》(PDF)による
*2:ブログ《なごみ亭「いわき市好間町 〜古河好間炭鉱の産業遺産群を中心にして〜」》による
*3:《炭鉱産業遺産関連施設(大谷明)》(PDF)による



 
| パブリックアート | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
日本不燃建築研究所による防火建築帯2題(大宮,亀戸)
 「建設工学研究会」に所属し「沼津本通り防火建築帯」を手掛けた後の1957年、今泉善一は「日本不燃建築研究会」を設立した。ここでは同会が設計した中から2点ばかり拾い上げてみた。もちろんこれらに限らず、今でも防火建築帯はあちこちに現役の建物として残っている。戦後高度成長期にかけての昭和の繁栄の残り香として。


■大宮駅前新共栄ビル(大宮駅前東口防災街区造成事業)(1962年)
 大宮駅東口から東西に伸びる大通りを挟んだ南北にまたがるブロックの防災街区造成事業区域のうち、第1期工事分として1962(昭和37)年に竣工したのが、この新共栄ビルである。

写真手前部分の5階建て地下1階の部分は、7店舗の共同により「オールオープン式の店舗計画(*1)」がなされたとあり、「大一ビル」の部分のことであろう。また写真では左側に見える部分は、連続した1棟のように見えるけれども数軒が縦割り状に連続している。

     

     

     

 外観の現状は看板に覆われ痛々しい。しかし屋上のパラペットの辺りのちょっと凝ったデザインに、不燃建築研究所らしさを垣間見せている。また下の写真のように、地下部分は古びて寂れつつあるが、昭和30年代レトロ感を濃厚に滲ませている。

     

 ひとつここ大宮駅東口の造成事業について注釈しておきたい。全体計画図(『不燃都市』1962.No15掲載,下図)を見たところ予定年度を示したいくつかの区域に区切られ、その中で新共栄ビルは「昭和36年度完成」とされていて当初から道路に面して奥行きの浅い(細長い)建物として計画されていた。これは恐らく従来通りに「耐火建築促進法」に則って路線から奥行11mの範囲で防火性能を備えた「防火建築帯」としたためであろうと考えられる。しかし昭和36年は同法に取って代わり街区全体の防災を旨とする、新しい「防災建築街区造成法」が施行された年でもあった。従ってここ大宮においてもその後の昭和37年以降の区域については、奥行にとらわれずに街区に計画の線引きがなされた。つまり同じ造成事業区域でありながら2つの法律にかかる、移行期の事業であったということが分かった次第である(*4)。

     


                  *****

■亀戸駅北口十三間通りの共同建築(1958年)
 日本不燃建築研究所が東京近郊で関与した事例としては、日本橋横山町、蒲田駅東口、巣鴨地蔵通り、赤羽町、柏、そして亀戸十三間通りなどが挙げられる(*2)。そのうちの亀戸十三間通りの共同建築を直接担当したのは、日本不燃建築研究所の元所員小町治男氏であった。このことについてはHP「建築家山口文象(+初期RIA)アーカイブス」のインタビュー記事「戦後復興期の都市建築をつくった建築家小町治男氏にその時代を聞く」(伊達美徳氏作成)の中で詳しく語られており、また建築当初の写真なども掲載されているので参照されたい。

 下のように2件の建物が残っていた。一見して見分けがついたのだが、それはやはり屋上部分のデザインによる。以前取り上げた沼津の「上土通り」と同様、ここでも屋上部分のデザインで通り全体に統一感を与えようとしたと考えられる。外装は当初と見比べると随分改装されたようである。


     

     

     

     

 初田香成氏の著書『都市の戦後』によれば、「日本不燃建築研究所」はその後「日本不燃開発研究所」を併設し、需要が増す商業コンサルタント業務にも対応するようになったと書かれている。またこのことは成長著しい商店主らの利益追求に応えることを最優先とせざるを得なくなったことをも意味していた。大資本に対抗しつつ公共的な都市計画上の提案を行うなど、建築家が得意とした部分は相対的に二の次となり、次第に防火建築帯に対する建築家の関心は薄らいでいったそうである。池辺陽がかつて言ったように防火建築帯はやはり過渡期のあり方に過ぎなかったのかもしれない。そして日本不燃建築研究所の所員は独立しては去り、結局「今泉だけが残るようになっていった」(*3)。

 本来マルクス主義の建築家の今泉善一にとってみれば、(見方にもよろうが)皮肉な末路を辿ってしまった、ということなのかもしれない。


  *1:『不燃都市』(1962 No.15)による
  *2:『都市の戦後』(初田香成、P.256-257)による
  *3: 同上(P.291-294)による
  *4: 伊達美徳氏からの指摘に従って調べた結果判明した。








 
| 街並み | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
横須賀の防火建築帯(三笠ビル)
   
1959年,神奈川県横須賀市,日本不燃建築研究所(所長:今泉善一),現存(撮影:2014年)


 このRC造のビルとなる以前、三笠通り商店街は背後に丘陵を背負う位置に木造の店舗がひしめき合い、もしも一度火災となれば海岸からの風を受けて大惨事となることが心配される状況にあった(*1)。そこで市制50周年の協賛事業の話をきっかけに不燃化の街づくりが開始され、こうした戦艦の威容をも感じさせる大規模な防火建築帯が誕生するに至った。

     

     

                   

 三笠ビルには他の防火建築帯にはない、立地状況に起因する大きな特徴がある。
 元々の三笠商店街は、緩やかに「くの字」状に折れた市道(三笠通り)を挟む両側に商店が立ち並んでいたのだが、不燃化事業においてもその骨格は活かされ、両側の商店街と道路を含む全体が事業対象となった。
 具体的に言うと、新しい建物においては4.5mの幅を持つ道(市道としては廃止)のあった場所に沿うようにコンクリート造の屋根が架けられ、中廊下状に「屋内化」した共用の歩廊となった。その両側にRC造の店舗など住戸が並ぶアーケード街が作られたのである。

       

      

 要するに、一つのビルの中に公道を内包したようなイメージの空間ができあがったと言えばよいのだろうか。しかし車が通る県道と別の「人専用」の道なので、人々はよりショッピングに専念できる環境を手に入れたというわけである。
 下の写真(▼)は、このように元々は市道だったアーケードの、現在の姿。

        

 さらに地上階のコンクリートの屋根の真上、すなわち2階にも開店が可能なように共用の歩廊が設けられた(▼下2枚)。しかし実際の現状は地上階の賑わいとは裏腹の別世界。無人の共用空間が不思議な雰囲気を漂わせていた。

        

     

 元々道路であったことを示す名残りも残っていた。「豊川稲荷」参道へ通ずる曲がり角があった地点には、下の写真のような豊川稲荷参道への出入り口が設けられた(▼)。こうした配慮を見ると、三笠ビルには、単体の商業ビル建築にはない街づくりへの視点が働いていたことが分かる。

          

 石段の参道から三笠ビルの裏側を見下ろす(▼)。県道側のファサードとは雰囲気を異にする、山の斜面ぎりぎりにまで迫った複雑な建物なのである。

     

 三笠ビルには、通りに面した線状の防火帯を作るだけではなく、街区単位で防火仕様とする考え方への萌芽がみられるという(*2)。その他共用の無料休息室、事務室、会議室、電話交換設備、一括共同受電の変電室が設けられ(*2)、区分所有の登記もなされるなど、進化した内容を持つ防火建築帯の共同建築であった。


 *1:『不燃都市』(1961 No.6)による
 *2:『不燃都市』(1962  No.15)による







 
| 1950年− | 16:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
沼津市上土通りの防火建築帯(沼津センター街)
  
1960年,静岡県沼津市,日本不燃建築研究所(所長:今泉善一),現存(撮影:2014年)


 前項で沼津本通り防火建築帯を取り上げたが、その完成に続いて、本通りのすぐそばに並行する道沿いの伝統ある商店街、上土(あげつち)通り商店街おいて、不燃化と店舗の共同化が行われた。設計は本通り防火建築帯に携わった今泉善一が組織した日本不燃建築研究所による。

    

 上土通りで防火建築帯が作られた理由は、完成によって売上げを飛躍的に伸ばした本通り商店街と、駅前の大手デパートの進出に対抗する気運が高まったことによる。この計画が立案されたのは1956(昭和31)年のことであった。完成と営業開始は地元商業界史(*1)によるところ1960(昭和35)年であり、営業開始後に完成した建物もあったらしい。
 その実現に向けて利害関係などの調整に苦労が付きまとったのは、ここ上土通りも例外ではなかったらしく、産みの苦しみから営業を開始し大幅な売り上げ増加が実現するまでの経緯は、機関紙『不燃都市』(1966.No4)に記録されていた。

 こうした記録を読むと、不燃化商店街の形成は、実は全国各地で始まっていて、不思議なことに今日まであまり語られてこなかった、もうひとつの戦後の日本の建築の発達の流れを見るような思いがした。

    

 上土通りの新たな工夫としては、個々の店舗間の仕切り壁が取り払われ(シャッターで開閉可)、一続きの店内で買い物を楽しめる部分が設けられたことがまず挙げられる。またアーケードは2階が遊歩道となっていて、2階に店を構えることが出来るように設計されていた。現在のアーケードを見ると、なるほど歩くことができるようになっている。

 外観は、写真でも一目瞭然だが、屋上部分がフラットルーフによる独特のモダンなデザインであり、これが商店街としての統一感を醸成している。 また、各地に残る今泉ら不燃建築研究所の建物を見ると、上土通り同様、フラットルーフの屋上部分にモダンなデザインを施すことは、よく行われていたようである。

 そうした上土通りのファサードを眺めると、戦前に今泉が初めて創宇社の展覧会に出展した「連続住宅」(下図)をなんとなく想起させる。しかし戦前の計画案と戦後の建物との関係などの詳細については、今のところ明らかにされていない。

     

    

 かつては通りを挟んで東西にこうしたモダンな商店街が立ち並んでいたようであるが、現在は主に西側にその多くが残っている。
 洗練されたファサードのデザインは、あまり昭和30年代という古さを感じさせず、むしろ新鮮な印象を得たほどであった。最近、一般に再開発などで大きな箱のようなテナントビルに多数の店舗が収容される場合があるが、街路の散策を楽しみながらのショッピングということを思うならば、上土通りのケースは将来の商店街像へのヒントを含んでいるようにさえ思えてくるのであった。

    


 *1:「簡略 沼津商業界昭和戦後史」による


 
| 1960年− | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2015 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE