収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
旧・奈良県物産陳列所
  
  1902年,奈良県奈良市,関野貞,現存(撮影:2014年)


 明治期の建築物産展示販売のための施設。現在は奈良国立博物館の仏教美術センターとなっている。

 設計者関野貞(せきのただす)は、内務省技師として奈良県の古社寺建造物修理に尽力した建築学者。調査保存修理数々の成果を挙げた。「法隆寺再建非再建論争」においては、非再建側に立って論争を引き起こしたことでも知られる。

    

 調べてみるとこの建築は、関野の平等院鳳凰堂研究の成果が反映された建物なのだそうである。確かにそのように見える。ただ私が最初に見た印象では、日本の伝統的な木造建築を用いながら、西欧の様式建築に一般的なシンメトリーの立面との融合を試みたようにも見えた。

 正面に唐破風を取り入れつつ窓廻りにイスラム風の装飾を取り入れるなど、今日的な目からするとかなり特異な外観が目を惹くのだが、大胆に新しい試みを行う明治時代の意気込みとして理解したいところ。似た試みを行ったことでは伊東忠太がよく知られるが、因みに伊東の生年は1867年、関野は1868年生まれ。同分野で活躍した同世代の二人がこれだけ共通したアプローチとなった辺りも興味深い。

      

    



 
| 1900年− | 10:31 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
旧奈良監獄(奈良少年刑務所)
   
1908年,奈良県奈良市,司法省営繕課(山下啓次郎),現存(撮影:2014年)


 奈良県庁の東の交差点からの道をとぼとぼ歩き、坂道を登りつめた辺りに中世の城郭を思わせる煉瓦を主体に石材も用いた表門が立ち現われた。なかなか感動的であった。本物の煉瓦造とはこういうものだったのか、と思わせてくれる。
 この表門(ひょうもん)を含め塀の建物も大体そのまま100年以上実用に供されているとのことであり、このように当初の姿を留めるのは、明治期の五大監獄の中でもここだけという。

   

 塀の内部はいわゆる「パノプティコン」という一望監視システムに即しており、建物が放射状に配置されている。J.ベンサムが考案したパノプティコンとは、神でも王でもないシステムが人を管理することを示す近代の権力機構のあり方を示すひとつのモデルとして引き合いに出される。これについてはかつてM.フーコーが論じていた。西欧化を推進した明治期の日本が取り入れた大規模な実例が、ここにあるというわけだ。

      


               ***

 さて、奈良はさすが色々と興味深い建物がひしめいている。折角なので、奈良県庁の東の交差点からここに歩いて辿り着くまでの道行きで出会った建物を簡単にご紹介しようか。

▼およそ100年前の明治近代の建物について上述したのだが、それよりもはるか昔、日本最初の近代化とも言る奈良時代の建築、築1200年を経て建つ国宝「東大寺 転害門」を見た。天平文化に思いを馳せ眺めていると、時間が経つのを忘れてしまいそうになる。デザインも面白い。

   

▼そして「北山十八間戸」という、忍性の開設によるハンセン病救済施設を見た、というか初めて知った。鎌倉時代に開設され江戸時代の終わりまで機能したそうで、ここにある建物は江戸時代に旧状そのままに修築されたものだそうである。
もしや遥か光明皇后の施薬院に起源を発するのかなとも思ったが、どうもそれは違うらしい。しかし医療史上の記念碑的な建物が何気なく現存しているあたり、さすが古都奈良である。

   

▼そのそばにある、煉瓦造の「奈良市水道局計測室」は小さいながらも凝ったデザインであった。ちょっと朽ちかけていたようだがもったいないと感じた。

   



 
| 1900年− | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
奈良県庁舎
  
1965年,奈良県奈良市,片山光生,現存(撮影:2014年)

 大きな庁舎ではありながら、隣接する奈良公園の落ち着いた雰囲気を助長するかの如く、鹿の群れもこの打ち放しコンクリートのれっきとしたモダニズム建築になじんでいる。

 待てよそうか、本来モダニズムの建築とは自然環境との親和性が高いものだったということか。(そのかわり、過去の様式建築との対比を強調するところから所謂モダニズムの建築は出発したとも言えよう)その好例として、コルビュジエが地中海の風景に溶け込んだバナキュラー建築から影響を受けたことやいくつかの計画を思い出せば、容易に納得できよう。

    

 設計者は片山光生。寺院の伽藍配置を思わせる建物配置が特徴。
 リズミカルに柱を配した回廊を透かして、中庭とシンボリックなペントハウスのある建物に視線が誘われる。回廊はピロティとなって建物を浮かび上がらせ、最大限に大地を見せようとしている。窓やバルコニー手摺それに個性的なデザインの庇が水平に広がり、これらによって見事に圧迫感を消し去っている。また屋上庭園は市民に解放されており、奈良公園から若草山まで一望できる。まさに近代建築の原則に忠実に則ってできたと言ってよさそうな建物である。
 もちろんこうした中庭や回廊部分は、現在でも生きた空間として利用されている幸せな建物なのであった。

    

    

    

    

 片山光生はこの他にも奈良県文化会館(1968年)、奈良県立美術館(1973年)を同様の方法で手掛けた。
また、昨今ご存じの方も多いと思うが、東京の現・国立霞ヶ丘競技場(1958年)の設計者でもある(下の画像)。水平性を強調した外観で、落ち着いたたたずまいを大都市のど真ん中に創出する手法は、その時既に開花していたようである。


    






 
| 1960年− | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
旧JR奈良駅舎(奈良市総合観光案内所)
 
1934年,奈良県奈良市,大阪鉄道管理局工務課(柴田四郎,増田誠一),曳家の上保存,現存(撮影:2014年)


 ここからは、久しぶりに関西の建物(特に奈良と大阪の建物を中心に)取り上げてみようかと思う。今年の夏、用事で関西に数日滞在した折に撮った写真であるが、ちょうど台風の襲来と重なり、その間を縫うようにしながら廻れるだけ廻った。

 まずは保存活用叶ったJR奈良駅舎。約20年前にここを訪れた際に撮った写真が家のどこを探しても無いので、再訪しリニューアルした駅舎を撮り直したことになる。   

   

 初めて訪れた時には、なぜか待合室に「サモトラケのニケ」像が置かれており不思議だったことを覚えている。それは「奈良シルクロード博」で展示されたものだったそうなのだが、現在は無かった。ご覧のような新しい用途に合わせて雰囲気を変えていた。

     

 建物の外観は洋風を基本に和風の屋根を載せた、いわゆる和洋折衷のRC造建築という、比較的昭和初期にありがちな形式ではあるが、ここでは古都奈良の地域性を考慮するというはっきりした目的を持ってデザインされている。相輪を載せた屋根は破綻なく全体が調和しており、うまくいった建物だということを再度訪れて確認できた。
 こうした和洋折衷の建物は、軒廻りと柱頭のデザインに作者のセンスが出やすいように思う。強いて言えば「あっさり味」な方だろうか・・・

     

     

     




 
| 1930年− | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
川崎市体育館
   
1956年,神奈川県川崎市川崎区,川崎市建設部建築課(原壽幸),現存(撮影:2014年)


 昭和期を中心に数多くの試合が行われたプロレスや女子プロレスのメッカ、川崎市体育館である。
 テレビ中継でつとに知られた建物は、行ってみれば期待にたがわずモダニズムによる外観で、これぞ昭和のシンボルといった風情を感じた。しかしそのようなオジサン世代の郷愁をよそに、無情にも建物は本年末をもって閉館、取り壊されたのち新たな建物に生まれ変わることになっている。
     
 1955(昭和30)年の神奈川国体開催に合わせて建設された建物は、計画段階から2000人の大規模な客席と舞台、映写装置を備えるなど多目的な内容とされ、当初は「市民会館」として開館した。恐らくそうした意欲的な施設内容がプロレス興行などでも頻繁に使われる一要因となったのではないかと察せられる。

 また個人利用が可能であるなど市民に開放された体育館として愛され続けており、そんな単なる箱モノを超えた面があるからなのか、建て替えを惜しむ声を予想してか、下記のHPに素敵なアーカイブスの動画がアップされていた。特に設計者へのインタビューは貴重で興味深い。

    川崎市民ニュース ・・・「川崎市施設映像―体育館」(YOUTUBE)


     
 動画の中で、設計した原壽幸氏は2つの点で工夫したことを語っておられる。
 第一は床である。体育館にとって特に大切な床が湿気で傷むのを防ぐため、床下空間を強制換気し床面にアスファルト防水を行ったとのことである。当時としてはなかなかここまで至れり尽くせりの仕様とすることは少なかったのであろう。
 第二点目は屋根である。大空間を覆う屋根の構造について、設計者が戦時中に宇都宮航空隊に所属していた折に見た飛行機の格納庫を思い出し、「ダイヤモンドトラス」という構造を取り入れることを思いついた。そして事前に木製の美しいダイヤモンドトラスの実例を見た上で、体育館の屋根を鉄骨によるダイヤモンドトラスとすることを決めたとのことである。

 「ダイヤモンドトラス」とは巴組鐵鋼所(現・蠻奪魁璽櫂譟璽轡腑鵝砲量釼薫賚困戦前に開発した立体トラスの鉄骨架構で、独特の美しい構造を持ち、戦前に建てられた建物の現存例では、「東京書籍印刷工場」(1936)のようにDocomomo Japan選定の建物もある。

 内部の天井を撮影しようとしたのだが、残念ながら真っ暗であった。

     

  動画には下図のようにダイヤモンドトラスの様子がはっきり映っていた(下図)。
       
        
               

 飾り気もなく清々しいばかりの昭和のモダニズムの建物がまたひとつ、表舞台から消え去ろうとしている。
 


 
| 1950年− | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< January 2015 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE