収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
館林探訪(その2)
 前回の続きです。
 本町近辺は戦前からの土蔵や看板建築などの他、戦後昭和期の典型的な建物なども色々。どれも2014年2月頃の撮影です。 

                  ****

■永寿堂医院
 まずはタイルとステンドグラスの外装が美しい1924(大正13)年建築の建物。ゼツェッション的な趣きの外装が上品で美しい。しかし建物は医院としての使命を終え、売り物件の看板がなんとも淋しげ。心ある人が救ってくれるように、と祈る。
    

  





■旧丸山本店
 典型的な看板建築ながら、ペディメントの細工が細かくて綺麗。
   



■旧森牧商店
 こうした店があるだけで昔からの商店街全体の賑わいがなんとなく想像できる。実物にまさる証拠はないということか。




■蓼沼洋品店
 構成主義風の外装による1934(昭和9)年築の商店。昭和初期、モダンであることは善であり夢のような新生活が約束され・・・といった夢を外観のアイコンとした、というよくあったパターンのひとつに該当しようか。巷にはフラット屋根の建築に見せるため、勾配屋根の住宅をわざわざ四角い看板で覆った商店は数知れないほどあるのだが、その延長上にありつつもよく出来た建物、と感じた。

    

    



■某商店ビル
 1階が店舗のRC造の建物。1960年代の建築であろうか。高度成長期に賑わう昭和の光景が目に浮かぶ。




■某店舗
 上の建物に並んで建つこちらは、1970年代以降の店舗であろう。当時の未来イメージが反映されているのか、地上から浮上するようなイメージを上手に建築化したと思う。

  


■某そば屋
 雰囲気あり過ぎで思わずシャッターを押してしまった。味わい深いたたずまいも良いが、屋根をよく目を凝らして見ると、平べったい瓦の形状と葺き方は、長年の変化を度外視したとしても、他で見たことのない不思議なもの。







■旧NTT(現館林水道センター)
 モダニズムの造形そのものの元電話局。戦後建築の局舎のようだが設計したのは誰なのか少しばかり気にかかる。







と、目につくがまま気軽に撮った館林の探訪記録でした。




 
| その他いろいろ(建築探訪) | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
館林探訪(その1)
 城下町として古い歴史を持つ群馬県館林市の市街地は、古い土蔵が散見され古い木造家屋の多い落ち着いた雰囲気の町。明治から昭和にかけての典型的な建物がよく残っている。
 2年前に菊竹清訓設計の旧・館林市庁舎を見る目的で訪れたのが最初なのだが、その道すがら撮った建物やその後に再訪した時の撮影分などを、2回に分けて探訪記録の形でUPしておきたい。

               ****

■東武鉄道館林駅
 探訪の始まりは駅舎から。1937(昭和12)年建築の駅舎の東口はきれいにお化粧直しをされてたたずんでいる。片や西口の方は再開発に合わせて雰囲気を残しながらも新しい駅舎となっている。
 ホームの屋根を支える古いレールもなかなか。レールの製造年代はみつからず。

  
 
     

■館林駅変電所
 駅東口のそばにある古めかしい建物は1927(昭和2)年に建てられた変電所。

  


■現・某選挙事務所
 予備知識なしで通りすがりにこのような建物に遭遇したときは、思いがけない収獲に驚きと感動。昭和初期の味を濃厚に湛えるしかも上質の建物。

  

  


■旧・館林信用金庫本店(現・館林市民センター分室)
 さらに、こうした素晴らしい建物に遭遇すると町全体が文化的香りの高い地であるようにどうしても思えてくる。だがネット上を色々あたったりしても旧建物名と1934(昭和9)年竣工位の情報しか得られないのが不思議。それにしても竣工当時の状況下つまり既存の様式建築にモダニズムの考え方が流入した時期に、これだけのデザイン力を発揮した設計者は一体誰なのだろう。特にディテールは創造性に富んいて面白く、個人的には「群馬のスカルパ」と呼びたいほど(失礼、こちらの建物の方が先輩か)。

  


  


  


   


      

(続く)






 
| その他いろいろ(建築探訪) | 20:23 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
中村映劇

昭和初期(?),愛知県名古屋市中村区,現存(撮影:2012年)

 前回に引き続き映画館をもう一件。こちらは名古屋市中村区の「中村映劇」。その名が示すように、戦前は芝居小屋であったのを現オーナーの祖父が購入し、戦後に映画館として再興したとのこと(hp「港町キネマ通り」参照)。
 建物は戦前からのものであることは間違いないようである。正確な建築年代は不詳。


 特徴はご覧の通りの屋根形を縁取る帯状の装飾。これについては、あるブログに興味深い発見が記されていた。装飾を良く見ると中央にはムカデの図柄の紋、そして装飾化された「旭座」の文字が見えるというのだ。確かにそう読める。(ブログ「まちかど逍遥」参照)。
 これについてほんのちょっと推理してみたい。調べてみると、映画館が建っている辺りは戦前までは「中村遊郭」と呼ばれ賑わっていた。現在でもそれを偲ばせる雰囲気が、古びて息を潜めながら生き残っている。遡れば中村遊郭は大正12(1923)年に、明治期から栄えた大須観音周辺の「旭遊郭」から集団移転して来た経緯があるとのこと。恐らく移転前の地の「旭」の文字を、移転した中村の芝居小屋の装飾にも使用したのではないだろうか(真偽を示す証拠までは見つからないが)。もし正しければ、大袈裟に言えば、名古屋の花街の変遷史の一端を示す生き証人のひとつなのかもしれない。



 



 この一帯、華やかかりし頃を偲ばせる年老いた昭和の風景(映画館向かいの店(↓),大門横丁(↓↓))は、白昼の下で余計物悲しいものがあった。ただ日が暮れて懐かしいネオンが灯る時刻になれば、成人映画に特化した営業形態の映画館も街も、恐らく生気を取り戻すのであろう。いやそちらが本当の姿であったか。そんなちょっとした期待を抱いてその場を後にした。



    

 
| その他いろいろ(建築探訪) | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
下関あれこれ
 早いものです。暦の上ではディセンバ―突入ですが、いかがお過ごしでしょうか。今回は、2010年に山口県下関市を訪れ散策した際に見かけた中から、ちょっと捨てがたいと感じた知られざる(あるいは少し知られた)建物を、感じたままにいくつか載せることとします。

■下関市庁舎 旧・教育委員会棟 (1958(昭和33)年)



 下関市庁舎は、1951年の公開コンペの最優秀案による建物であり、その経緯については以前取り上げた。設計者は田中誠+進来廉+崎谷小三郎ら前川國男事務所の所員であり、個人の資格で設計に関与、本館を第1期として建築、間隔をおいていくつかの棟が順次建築されていった。
 そのうちのひとつがこの教育委員会棟であり、本館に隣接して建てられていた。確かにコルビュジエ風を思わせる部分もあるので田中誠らコンペ入賞者が設計したように感じられるが、確かな証拠に基づいて言っているわけではない。現在、庁舎の整備計画によって解体されこの棟は既に無い。


■下関第一ビルディング



 下関駅の近くにある店舗+集合住宅。昭和30年代の頃の建物なのだろうか。正確な竣工年は分からずにいる。戦後建築が持つ、モダニズム建築としての衒いの無さに惹かれる。


■関門ビル(旧・関門汽船ビル)(1931(昭和6)年)

 唐戸地区の繁栄を偲ばせる建物のひとつ。


■関門トンネル人道出入口(1958(昭和33)年)

 1937年試掘開始、1939年完了、1944年貫通、1958年開通と戦争を挟んで時間をかけてつくられた、我が国における画期的な土木構造物である関門国道トンネル。(もう一方の関門鉄道トンネルは1942年開通)
 地下や海底下のトンネルを地上部において建築構築物として確認できる部分と言ったらこれであろうか。下関側、門司側に似た建物が一対ある。
 外観上は特段面白さを感じるわけではないのだが、上述したような画期的な構造物であれば、よく調べれてみれば思いがけないことが分かりそうな変な予感がする。というわけでバスの車窓から撮った一枚をUP。


 
| その他いろいろ(建築探訪) | 18:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
京浜東北線 駅舎散歩2題
 電車の中でふと思いつく。仕事のたびに通過してしまう駅をふらりと降りてちょっと一息しようかな。白昼、ネクタイ締めた会社員による「ひと駅散歩」とはいかぬまでも・・・。
 するとピロティ&横長連続窓のイメージを下敷きにしたような建物に出会ったりして、私にとってはそれだけでちょっとした気晴らしになったりする。モダニズムによる建築もいつしか様式化されてゆく暗黙の流れを示す典型例であろう。一体いつごろ建てられたのか。
 後日調べてみようと図書館に行ったならば、旧・国鉄が約10年に一度のペースで数回刊行した記録『国鉄の建築』をみつけた。相当な規模の技術陣を擁し栄華を誇っていたと思しき頃のぶ厚い本もあれば、民営化直前の薄い小冊子もある。そして今や旧・国鉄は忘れられ駅舎だけが残る。

   *********************************************************
←左は北浦和駅西口。『国鉄の建築』の年表に1968年竣工と出ているのがこれだろう。設計を担当した部局
や個人名は判らない。駅舎の建築はいくつかの工事局が担当していたようであり、例えば「東京第一工事局」というのを比較的目にするのだが、そこがこの駅舎を担当していたとは限らない。


 この西口から北浦和公園、県立近代美術館(黒川紀章設計)に通ずる。また、近くに西口開設記念碑があった。第4代国鉄総裁十河信二の揮毫による。

 ************************************************************
←こちらは駅西口。1967年竣工。穴あきブロックが美しい。駅舎のファサードにこのような造形性が許されたことだけでも立派、などとひとり勝手に感心する。
 ここにも下のような記念碑がある。

    




| その他いろいろ(建築探訪) | 21:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
改造社書店
 

 あしゅら男爵の異名を持つとも言われる(!?)、ミステリー物件(!??)。
 雑誌『改造』を出版し、あるいは大正末期に円本ブームを巻き起こした出版社、改造社ビルの後の姿。今日でも(半分は)書店として存続している。でも肝心の建物のことが何も分からずすみません・・・。
 社名が示す如く改造された姿の真相は、恐らく後の所有の関係が結果的に外観に出たに過ぎないものと推測している。
 
 上の画像は、確か1992年頃に撮ったもので、左半分にはまだ瓦が載っている。右半分は装飾が消去され瓦もタイルも取り払われ、シンプルに白く塗装されている。この強引さには惚れ惚れ・・・。当初はファサード全体が左半分と同じ昭和初期の和洋折衷テイストだったのであろう。
 また、写真をよく見ると中央にも袖看板が取り付けられている。2つの袖看板が、余計に別々の建物のように見せかけていたようだ。
 右は一昨年に撮った画像で、瓦は全て無くなっている。

| その他いろいろ(建築探訪) | 21:01 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
空襲直後の目白文化村
   

     



 それは1945(昭和20)年4月13日の空襲(Chinchiko Papalog参照)と思われる。焼け野原と化したかつての瀟洒な住宅地。文化人が多く住む下落合一帯にあるのは瓦礫、そして黒く焼けた木々はさながら亡霊のようでもある。日頃取り上げている「建設的」状況の対極、二度あってはならない絶望の光景をあえて掲げる。

 まだ炎熱冷め切らないとも思われるさなか、これら写真の撮影は、不世出の彫刻家荻島安二のパトロンN氏による。荻島とN氏の関係については以前記した (「葵館」レリーフの彫刻家−荻島安二)。
 N氏は、自慢の文化住宅も収集した彫刻もすべて灰燼に帰した自宅敷地とその周辺の有様を、おびただしいコマ数撮影していた。およそ冷静でなどいられるはずが無いところ、ぎりぎり保持した現実を直視する冷徹な眼差しをもって、印画紙に刻み付けたのであろう。
 私はN氏遺族との親交の経過の中で、これらの写真を見出すに至った。本来なら躊躇し控えるべきところ、アルバムの中の酸鼻の光景に驚きまたN氏の写真にかける厳しい姿勢を垣間見るや、了解のもとたまらずアルバムに直接カメラを向けて撮っていたというのが、上記の画像取得のいきさつである。(所々まだらに光っているのは、そのせい)

 N氏は「小西六」(当時)に勤務する写真業界人であり、もともと新しい物事が好きな「モダンボーイ」であった。フィルムをこの時期所持し得たのは主にそうした職業柄からであろう。左下の写真は空襲以前のN氏撮影による自宅。手前の門柱は空襲後も残り現在でも残っている。また芸術家を見出す確かな感性の持ち主であったことは、右下の画像のような彫刻作品が置かれた室内に窺い知ることが出来る。(右下のみ『主婦の友』(1924.2)掲載写真)
 まさに昭和モダンの最良の部分を体現した温厚なN氏が遺すことになった上記の破局の映像を見るにつけ、やはり時代の皮肉を考えずにいられない。それにしても一体どのような心中だったのか・・・。


  








| その他いろいろ(建築探訪) | 19:52 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
カマボコ兵舎のある風景−2 (墨田聖書教会)
 

 こちらも、教会として使い続けられているカマボコ兵舎。東京都墨田区のこの教会は1954年の創設とあり、当初から兵舎が使われていた。
 昨年訪れた際はお留守だったのでお話を聞けずに写真だけ撮らせて頂いた。しかし大体のことはブログに詳しく語られている。2008年にリノベーションされたそうで、古くなっても思い入れのある建物を創意工夫で蘇らせる、そんな前向きの考え方はとても好感が持てる。

 なお、世界に目を向けカマボコ兵舎の利用の仕方を探ってみると、色々あって楽しい。
 このアルバムはアメリカの雰囲気がいっぱい。quonset hutは第二次大戦以降も生産されていたのかそんなに珍しくもないようだ。あるいは、このThe Italian Chapelともなると、仮設性を遥かに超越している。イタリア人捕虜によるようだが、ミケランジェロも青ざめんがばかりの芸術作品に高められている。

| その他いろいろ(建築探訪) | 15:13 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
カマボコ兵舎のある風景−1 (カトリック世田谷教会,下北沢)
 
 「カマボコ兵舎」・・・終戦直後、日本を占領した米軍によって多数持ち込まれた半円筒形の簡易な組み立て式の兵舎(quonset hut)を、一般にこう呼んでいるのだそうだ。
 恐らく、誰が呼ぶともなく呼称されるようになったであろう「カマボコ兵舎」とは、ある年代以上の人にとっては、敗戦後の忌まわしい記憶と雨露しのぐことが叶った恩恵の念とにより、複雑に絡んでは乱れる思いを呼び起こす形状だったのではないだろうか。これに付き合いつつ心の痛みをそらし、心の均衡を保つためにはちょうど良い呼び名だったのかもしれない。
 ・・・などという、いずれにせよ私の生半可な想像など受付けもしないであろう終戦直後の実像、ひいては建築的空白と言われる時期の一端に少しでも触れることが出来ればと、カマボコ兵舎を訪ねてみることにした。

 兵舎の組み立て方は、動画による解説があるのでここを見た方が分かりやすいだろう。丸い屋根の仕上げは波板葺きが基本で、室内環境はお世辞にも良いとは言えなさそうだ。
 駐留米軍にとって不要になったそれは日本人に払い下げられ、あるいは慈善団体を通して寄贈される例もあったらしい。引き揚げ者のための住居や学校,診療所,教会など様々な用途に利用されることになった。もしかしたら、今も日本のどこか、人目につかぬところでカマボコ兵舎が使用されているかも知れない。
 さてこれらの画像は、比較的知られた事例である。下北沢のカトリック世田谷教会の敷地内に建っていて、撮影したのはちょうど1年前(2009年)の夏のこと。
 同教会は1946(昭和21)年に創設、翌1947年、現在地に移り米軍放出のカマボコ兵舎で集会を始めたことがHPに記されている。その後、「信徒会館」として使用され役目を終えた後は1棟だけが残された。しかし、現在も災害時の避難所ということなので、いまだ現役と言うべきかも知れない。





 そしてこの教会の聖堂のすぐ側には、立派なルルドの洞窟がある。これも教会創設の頃、信者らの手作りによって成されたと伝えられる。近くで得られたコンクリートのガラを材料として活用している。
 このルルドは、精神的な豊かさは物質的貧困と相関しないことを物語っているようであり、さらに利便性と虚飾を旨とする者には到底望み得ない境地を具現化しているかのようだ。そうした信者手作りのルルドや聖堂、それにカマボコ兵舎は、どんな力にも屈しない精神的強さを内に秘めたまま、夏の強い日差しのもと、あくまでも静寂であった。あるいはこれ自体、現代の奇跡か。(*1)

 さて、教会を後にして下北沢の駅に戻り、とある所から「下北澤驛前食品市場」を見下ろしたのが下の2枚。(これも撮影は昨年夏)戦後の闇市の名残りを伝える数少ない商店街であり、1949(昭和24)年にはアーケード化されていたとの報告もある。(*2) 現在、再開発計画の進行をよそに若者を中心に見直されているようだ。確かにここは、最近の町並みに見られる作り物の偽物っぽい景観とは違い、濃厚な生活感そのものが形を帯びて迫ってくるためか、妙にリアリティーがある。
 それを構成しているのは、トタン(=亜鉛メッキ鋼板),カラー鋼板,あるいは塩ビ系など各種素材による「波板」がかなりの部分を占めている。波板は「カマボコ兵舎」の仕上げ材でもあった。このフレキシブルで簡易な「波板」という材料は、戦後昭和の原風景を形作る大きな要因であったように思えた(*3)。






*1:教会ですので、見学にはご配慮を。

*2:「下北澤驛前食品市場の形成と存続要因 : ヤミ市を起源とする商業空間の考察」(佐竹忍,波多野純 2007年度日本建築学会関東支部研究報告)による

*3:参考として「日本のローコスト建築における波板の普及」(加藤雅久 2010 Docomomo ISC Technology Seminar)


| その他いろいろ(建築探訪) | 11:16 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
大阪管区気象台跡 顕彰碑

 かつての大阪測候所付属の地震計室、それは「ドイツ表現主義」と呼ばれた第一次大戦前後の西欧の苦悩と狂気の時代の表現をほぼそっくりそのまま日本に持ち込んでしまったような建物であり、飛び抜けて奇怪な容貌の建物ながら、それは昭和43年まで存在し続けていた。以前、私のHPでも取り上げた。
 今年1月、普段から気になっていたその建物の跡地に行ってみたくなり、先の記事で触れた「ロート製薬」共々訪れることにした。跡地は現在、大阪市生野区の御勝山南公園となっているのだが、行ってみると待ち構えていたように、右のような立派な碑が建っているので驚いた。調べてさらに驚いたのだが、わずか1ヶ月前の昨年の12月に除幕式を終えたばかりらしい。私は、そうしたこともつゆ知らず、引き寄せられるようにここにやって来たのだった。人々の生活に密着した観測を行なう大規模な施設の存在は、付近に住む市民にとっても大きな誇りであったのであろう、長く記憶に留めようとする意思は健在であった。
 過去を知るよすがなど何も残されていないだろうとタカを括っていた建築マニアの私にとっては、思わぬ収穫であった。しかしそれよりも貴重な経験だったのは、これを建立した気象台OBの誇りに満ちた数々の功績の記憶など、人間の営為はたとえ建物が消え失せようとも消すことは出来ないと知ったことであり、そのことを証明する石碑に対面して思いがけず敬意の念も沸き起こった。

 左の写真がかつての地震計室(『近代建築画譜』より)で、1928(昭和3)年に竣工した。測候所の本館はこれより後れて1933(昭和8)年に竣工し、共に大阪府営繕課の設計によっていたのだが、なぜか地震計室の強烈な表現は、本館には見当たらない。
 地震計室は、どう見てもメンデルゾーンのアインシュタイン塔から直接影響を受けた建物に違いないが、その亜流としての徹底ぶりには脱帽の思いだ。目を凝らして写真を見ると微妙な変化に覆われた曲面で出来ていることが分かり、建設には相当な労力と執念とが注ぎ込まれていたものと察せられる。
 しかし、いわゆる「表現主義」の建築は、建築の歴史の一過性の出来事として顧みられなくなっていく。覇権を握った合理主義的な見方からすれば、不当にも悪趣味で不道徳的な蔑視の対象とされた。近代的特質は多く備えているはずなのだが。もしかしたら、こうした稀少な近代の建築実例がよりマシな評価を受ける時が先々やってくるのかもしれない・・・。(やや似通った現存例としては、他に「検見川送信所」がある位だろうか)

 碑の裏側には、気象台の沿革と右のような気象台の全景写真とがはめ込まれていた。勝山通り沿いに見える四角い大きな建物が本館、その奥で右に見えるのが地震計室であることが分かる。古い町屋の佇まいは今も所々に残っているように感じた。
 碑の沿革文の内容は、大阪管区気象台として昭和8年から昭和43年までこの地にて稼動していたこと、第2室戸台風の際には的確な防災対応が市民を守り大阪市民文化賞を受賞したこと、昭和29年に日本最初の気象レーダーが設置されたことなどが書かれていた。
 地震計室の奇怪な風貌とは裏腹に、意外や防災拠点として市民の暮らしに貢献し、親しまれる存在だったらしいことも、この碑の沿革を読むことによって知ることができた。

 

| その他いろいろ(建築探訪) | 22:27 | comments(7) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE