収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
旧・三井物産横浜支店生糸倉庫
    
1910年,神奈川県横浜市中区,遠藤於菟,現存(撮影:2014年)

 日本で最初の鉄筋コンクリート構造物は1903(明治36)年完成の琵琶湖疏水上の橋であると言われる。また建築物において日本で初めて構造体全てを鉄筋コンクリート造(RC造)とした建物は、遠藤於菟設計による「旧・三井物産株式会社横浜ビル1号館(以下横浜ビルと称す)」(1911(明治44)年竣工)であると言われている。

 さて、ここで取り上げた「旧・三井物産横浜支店生糸倉庫(以下生糸倉庫と称す)」(*1)は、その「横浜ビル」よりも約1年先立って竣工した。二つの建物は連続して建っている。(下の画像手前の建物が「横浜ビル」、奥が「生糸倉庫」)
 生糸倉庫の方は、柱など一部が鉄筋コンクリート造のいわゆる混構造であったため、「日本最初のRC造」とまでは言われないが、しかし生糸倉庫の価値も横浜ビルと同様に高く貴重な建物であると考えられている。

     

 生糸倉庫は、構造体全体をRC造とした三井物産横浜ビルに至るいわば前哨戦の建物に相当しよう。だが生糸倉庫をかたち作るRC混構造の構造形式は、後にも先にもないユニークかつ唯一無二のものであり、またそれは設計者の創意と苦心の痕跡を物語っている。さらに両建物により日本最初のRC造の出現のプロセスを示す証拠ともなっているわけで、こうした理由により外見上そう目立たない生糸倉庫もその価値は計り知れないのである。

 遠藤於菟が考案した生糸倉庫の構造をもう少し具体的に言うならば、内部の柱と屋上スラブは鉄筋コンクリート造であり、床版は木組みでそれらを煉瓦造タイル貼りの外壁が覆っているというものであった。内部の写真と構造の模式図(大野敏氏作成)が日本建築学会関東支部の保存要望書(*2)に添付されているので、これを参照すればイメージし易いかもしれない。
 こうした構造は今日では普通考えられないものだが、関東大震災に遭遇した際も生糸倉庫の機能を維持し商取引の継続に寄与したということなので、構造上の一定の有効性は実証済みと言えるではなかろうか。

 設計者遠藤於菟と言えば、この建物の他に帝蚕倉庫建物群を設計した建築家としても知られている。

     

 構造的な側面ばかりではなく外観について言えば、タイル貼りにバランス良く鉄扉付の窓が取り付けられただけと言っても良いような外壁面でありながら、深い味わいを感じさせるものとなっている。よく見るとタイル目地は覆輪目地となっていて、細やかな意匠上の配慮が感じ取られる。
 そして全体にシンプルな外壁面に、私は何かしらモダニズムの予兆のようなものを感じたのであるがどうであろう。建築意匠の歴史の上でも意義のある建物ではないだろうか。
 因みに(この建物と直接の関係は無いにしても)佐野利器が日本建築学会の誌上討論『我国将来の建築様式を如何にすべきや』において「・・・建築美の本義は重量と支持との明確な力学的表現に過ぎない事と思はれる・・・」と述べたことが思い起こされるのだが、この発言がなされたのは生糸倉庫が竣工したのと同じ1910(明治43)年のことであった。

     

                  ***

 生糸倉庫が近く解体されるのではないかとの情報がある中、建物の価値を知るためのシンポジウムが開催されるなど、にわかに注目が高まっている(*3)。
 最近の富岡製糸場の世界遺産登録決定の例を持ち出すまでもなく、生糸産業は日本の近代化における基幹産業であり、横浜などの港町は貿易の拠点であった。この生糸倉庫がそのことを証し立てる横浜に現存する最古の倉庫であることなどがこれまでに指摘されている。

 歴史を未来につなげるための資産として活かすことについて実績を持つ横浜に建つ建物のこと、そこで活動する企業にとっても、歴史的価値の高い建物をプラス材料として活して頂けるに違いないであろう・・・と、そのように私は希望をもって見守っていきたい。

  

 現在「旧三井物産横浜支店生糸倉庫を壊してほしくない人々の会」が活動を行っているが、その一環として昨日から同会の主催による倉庫をテーマとした写真展が横浜で開催されている。
 詳細は下記のとおり。場所は1957年に建てられた「防火建築帯」の建物(吉田町第一名店ビル。前話題中の画像「吉田町C」)なので、そちらの街並みも楽しみつつお気軽に覗いてみてはいかがだろうか。

                  ***

  【まちかどの近代建築写真展in横浜 テーマ:「倉庫」】
  日時:9/20(土)〜27(土) 13:00〜19:00(最終日は18:00まで)
  場所:Archiship Library&Cafe (中区吉田町4-9)
  料金:写真展入場無料
  主催:旧三井物産横浜支店生糸倉庫を壊してほしくない人々の会
  協力:まちかどの近代建築写真展実行委員会
     近代建築メーリングリスト・モダン建築探検隊




*1:ここでは旧・三井物産横浜支店生糸倉庫と称したが、「旧・日東倉庫日本大通倉庫」に同じ
*2:「KN日本大通りビル(旧三井物産横浜ビル)および旧三井物産横浜支店倉庫の保存活用に関する要望書」(日本建築学会関東支部,2014.7.28)
*3:「生糸を守った建築家『遠藤於菟』」(2014.9.18)




 
| 1910年− | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
足利学校遺蹟図書館

1915年,栃木県足利市,星野男三郎,現存(撮影:2014.2~4)

 日本最古の最高学府として知られる足利学校。そこでは儒学を中心に易学,兵学,医学などの教育が行われ、宣教師フランシスコ・ザビエルは「日本国中最も大にして最も有名な坂東のアカデミー」と記した。
 足利学校の創設時期については奈良時代とも平安時代初期とも言われはっきりしない。しかし15世紀中頃関東管領上杉憲実により、円覚寺から僧快元を庠主(しょうしゅ)として招くなど整備に力を注いだことがきっかけとなり、全国から人が訪れ、戦国時代を中心に活況を呈したとされる。

 画像を掲げた足利学校遺蹟図書館は、上記の経緯を持つ足利学校の貴重な蔵書を保存し、また近代的な公共図書館して人々に開放することを目的として、足利学校の敷地の一画に1915(大正4)年に開館した。



 現在、この建物自体が足利市の重要文化財となっており、解説が入口付近に掲示されていた。建物は煉瓦造の外壁に入母屋の小屋組みが架けられた構造であるとのこと。また、懸魚,蟇股,格天井など和風の意匠と洋風の意匠による和洋折衷建築であり、(西欧建築移入に忙しい明治期とは異なり)大正時代の特徴を示す貴重な建物であるといった内容のことが書かれていた。
 恐らく伝統ある足利学校との調和を考えることを基本とし、和風の外観を強調する設計を行ったであろうことは、容易に想像がつく。

 設計者の星野男三郎は明治31年帝大を卒業、日光廟の修復に携わり、また秋田銀行本店本館(現秋田市立赤れんが郷土館)1912(明治45)内部の設計を行った。

     


 



 
| 1910年− | 18:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
旧・足利織物(現・トチセン)より サラン工場,捺染工場,汽罐室


サラン工場及び捺染工場:1913〜1919,汽罐室:1912〜1925(1941年増築),栃木県足利市,現存(撮影:2014年)


 足利は古くからの織物の産地として知られる。織物産業が隆盛を続ける大正2(1913)年、赤煉瓦と鋸屋根が印象的な工場を持つ「足利織物株式会社」が設立された。後に企業名は「明治紡績株式会社」を経てさらに現在は「株式会社トチセン」となるが、営々と繊維関連商品の生産を続けている。

 許可を頂き広大な構内を巡ってみると、歴史を感じさせる煉瓦造の建物や木造の建物で占められており、戦前期に造られた建物が多いのではないか(?)、という印象であった。
 ちょうど構内のある一角で壁の塗り替えがされていた。当たり前のことのように手を入れつつ建物を大切に使おうとしている姿勢を見たような気がして(建替えが頻繁なご時世のせいだろうか)ちょっとした感銘を受けてしまうのだった。
 今回、登録有形文化財に登録されている煉瓦造の3棟の建物をとりあげる。


 
・「サラン工場」 (上図及び下2枚):切妻屋根の長大な建物。石材でできた窓枠による窓が多数並ぶ。上段の窓は後に加えられたもの。(「文化財オンライン」の解説から要約))




 登録有形文化財に登録されている煉瓦造の3棟の建物は産業遺産として貴重であることは言うまでもないが、ここで私が目を奪われたのは、敢えて消さずに残されたとされる戦時中の迷彩塗装であった。そういうわけで迷彩塗装のある壁の画像ばかりをクローズアップしてここに並べてしまったのだが、お許し頂きたい。特に汽罐室の外壁全面に施された激しい模様には唖然としてしまった。
 外壁に迷彩塗装を施した当時のことを想像するならば、描いた人は恐らく意匠的に体裁を整えようなどという意識を持たずに、黒いペンキで一気に塗りたくったのであろう。だが刷毛のおもむくがままの筆致は、かえって潜在意識の奥に潜む戦争の不穏な感情を浮かび上がらせたようでもある。時として建物は設計意図とは別に、社会の流れにまみれて予想だにしないものに変質し、人々の脳裏に何かを刻みつけるようだ。それがほんの表層に描かれたものであっても。付け加えて言えば、この迷彩塗装を見た瞬間、関東大震災直後に「バラック装飾社」が描いたプリミティブな看板模様をふと思い起こしたのだった。


・「捺染工場」 (以下4枚):6連の鋸屋根が架かる長大な建物。煉瓦造の外壁と木造の軸組による。開口部のまぐさ石は1本の石で出来ている。(「文化財オンライン」の解説から要約))







  



・「汽罐室」 (以下5枚):切妻屋根を2連に架け、煉瓦の妻壁は切妻形と四角形の壁が連続して並ぶ。内部にランカシャーボイラーが2基設置されている。(「文化財オンライン」の解説から要約)ランカシャーボイラーとはかつて普及した炉筒が2本ある煉瓦造ボイラーということらしい。)










 




 
| 1910年− | 15:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
旧・上田男子小学校明治記念館(旧・市立図書館)

 
1915年,長野県上田市,設計不詳,現存(撮影2006年)

・上田散策(1)
 上田駅から上田城跡公園へ向かう道すがら、急ぎ旅でなければ本当はじっくりと町歩きを堪能したいところではあったが・・・。2件だけではあるが忘れ難い建物のスナップ写真をUP。

 ちょっと目を引くこの建物は、もともと上田男子小学校同窓会が寄付を募り明治記念館として建設、大正12年に市に寄贈され市立図書館として昭和45年まで使われたとのこと。その後石井鶴三美術館となり最近まで使用されていたらしい。ずっと大切に使われ続けている幸せな建物を思うと、それだけでも嬉しい。そして肩の凝らないやわらかな外観デザインを眺めていると、大正時代の気風と光景をあれこれ想像したくなる。


| 1910年− | 20:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大宝館
 
1915年,山形県鶴岡市,小林昌徳,現存(撮影:1981年)

致道博物館とその周辺の建物2題 (2)

 大宝館は大正天皇即位を記念して建てられた建物であり、当初は物産陳列場や図書館などの機能を有していた。
 私が訪れた時は、文化財というよりは普通に市立図書館として使用されていたのだった。現在は化粧直しされたようであり、地元ゆかりの文学者の資料館などとして活用されている。


| 1910年− | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ナカノ洋品店(旧・中野煙草元売捌所)
 
1917年,福島県いわき市,三森己代松,2011.5月解体(上から2枚目まで2010年5月の撮影)


 東北地方太平洋沿岸を襲った地震と大津波の被害が動画や画像がUPされ、様々な地域で起こった目を覆わんばかりの悲惨な状態が明らかになり愕然とする日々です。しかし、なお必死で生きあるいは救援活動をされている人々には心より応援申し上げるとともに、残念なことに命を落とされた皆様に心より哀悼の意を表したく存じます。

 今まさに人命や破壊された社会共同体をつなぎとめようとしている段階にあって、あるいは建物などの文化的な側面の保全状況に目を向けるどころではないのかも知れないが、しかし人間の長い営為を刻んだモノの安否を問い記憶をつないでいくことが大切であることには変わりないであろう。
 例えばこの「ナカノ洋品店」は、いわき市平2丁目の繁華街にある。実は私がいわきに住んでいた頃から、珍しい昔の建物として目立っていて学校の行き帰りなどになんとなく気にしながら通り過ぎていた。最近は古い建物が減ったせいか貴重な存在として見直されているようだ。おそらく地元の棟梁が独自の感覚で成した洋風建築として高く評価されているのだろう、きれいに化粧直しされて現在に至る。しかし、評価のポイントはそれだけではないようだ。
 今まで全く気付かなかったのだが、ネットで調べると、郷土の詩人草野心平がまだうら若き青年時代、すなわち大正末期頃、草野心平と同人達のたまり場つまり詩作のサロンだったそうなのだ(*1)。
 ちなみに詩人草野心平は、戦前より同人誌『歴程』を中原中也らと創刊し、あるいは宮沢賢治の作品紹介にも務めた。

それが3・11以後は、↓↓↓↓↓↓↓↓
  左の画像は、現在地元いわきで議員を務めている私の高校時代の部活の先輩のブログに掲載されているのを発見、拝借した画像(先輩、無断で拝借ごめんなさい。)他にも信じられないような惨状が記録されている。
 地震そのものが建物に与えた爪痕も思ったより深かった。ただしダメージを受けたものの「ナカノ洋品店」のような大正モダンを謳歌した地元文化の拠点であった大切な文化財などをはじめとして、必ずや手厚い補修の措置がなされ復興されるよう願ってやまない

                          ***

【後日記】:2011年5月、残念ながら隣の堀薬局共々解体撤去されたそうです。




   *1:HP「遠富士の詩人俳人」参照、『いわきの詩風土と草野心平』(北条常久)による





| 1910年− | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大阪市中央公会堂
 
1918年,大阪市北区,岡田信一郎(原案),辰野金吾・片岡安(実施設計),現存(撮影:2010年)

 岡田作品が続いたので、出世作ともいえる大阪中之島の公会堂も挙げずにはいられなくなった。
 この建物は1912(明治45)年に指名コンペが行なわれ、参加者による互選という後にも先にも殆ど例をみない審査方法によって、最年少参加者であった岡田信一郎の案が満場一致で1等案に決した。しかし、建築顧問の辰野金吾による事前の採点と互選の結果とは、3等まで一致していたとのこと、大御所辰野は大得意顔だったという(*1)。公正さについてはやはり当時のこと、内情推して知るべしか。それよりも、辰野式を思わせる煉瓦と石材による賑々しい外観を提出した若き岡田のコンペ戦略こそ褒めるべきなのか・・・。
 岡田の1等案では、軒蛇腹のレベルを変化させあるいは窓の大きさを適宜変化させるなど細かい工夫が凝らされていたのだが、それらについては大御所辰野金吾の気に沿わず、現在見られるような変化を抑えたどっしりとした外観に変更された。ここに、古き「明治」と新しき「大正」の相克が垣間見える。

                              

 岡田は様式建築の名手と言われるようにその熟達ぶりは周知の事実だが、しかし単に旧習としての様式建築だけに没頭する建築家として片付けられない存在でもある。
 岡田は、明治末期から大正期にかけて、西欧の近代主義的動向を「新建築」と称して日本に紹介しており、その拠り所はウィーン・ゼツェッションの動向であり、とりわけオットー・ワグナーからの影響が大だった。例えば、1914(大正3)年の「新建築の意義」(『建築雑誌』331号)(*2)に講演録がまとめられ、その内容は、科学の進歩(これは思潮の変化と同調する)、建築目的の変化、材料の変化などに基づく合理的な建築を目指すよう呼びかけるものであった。特に「構造学」の研究を期待していた点は、後藤慶二への評価にもつながったであろうか。

 また、1920(大正9)年に結成された「分離派建築会」の第1回作品展に対しては、鋭い批評を加えつつ彼らの意気込みに対して激励の言葉を贈った。岡田による分離派会員らへの主な指摘を挙げてみると、構造の軽視、旧来通り立面のイメージ偏重でありプランニングの改革を目指していないことへの批判、声高な割には前衛性がそれほどでもないこと(イタリア未来派と比較して)、など(*3)。要するに岡田からすれば、日本の「分離派」は「分離」などしていないに等しいのだった。西欧の先進事情に通じた岡田の一面が、ここにも窺える。

                              

 明治末期頃からのゼツェッションに対する日本人の歓迎ムードは、西欧から遠く離れ必然性を欠いた土壌で自由に表面的な移入を行なう姿勢となって表面化していた。岡田はそうした受容姿勢を批判し、従って岡田自身も、安易な流行を追うが如き作品づくりには慎重であったはず。まずは日本の事情に即した合理的建築の根本的な模索を必要としていたようなのである。
 そのようなわけで、岡田の作品の古典的ヴェールの裏で、実は彼が目指した「新建築」は、建築全体を支える材料や構造形式などをはじめとした技術的な工夫として秘められているのでは、と想定してみる。この先、少しでも裏付けられれば嬉しいのだが・・・。

         *1:『建築設計競技−コンペティションの系譜と展望』(近江榮,S61)
         *2:「近代建築ホームページ」−月刊岡田信一郎(増刊号9)へのリンク
         *3:「分離派建築会の展覧会を観て」(岡田信一郎,『建築雑誌』406号,T9.9)
| 1910年− | 20:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
横浜赤レンガ倉庫

1911年(2号倉庫),
神奈川県横浜市中区,大蔵省(妻木頼黄),
現存(2002年保存再生),(撮影:1981年)

 今では、横浜みなとみらい21地区の中でも明治の港の風情を漂わせた、おなじみのスポットとして賑わいを見せている。
 写真は、倉庫として生き長らえつつも寂れきった状態の2号倉庫の光景。まだそこに感じられる、ちょっと危なげな波止場の風情は、ロケ地にはもってこいだった。
 孤独に立ちすくむ貨車も素敵だ。

 保存と活用が立派に両立している現在のおしゃれな赤レンガパークを見るにつけ、過去の廃墟的な寂寥感をもう少し残せるものなら・・・などと、つい余計な欲目が口をついてしまう。


(やっとサムネイル投稿が可能になりました。クリックすると大きな画像になります。)

| 1910年− | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
西陣織物館(現・京都市考古資料館)

1914年,京都府京都市上京区,本野精吾,現存(撮影:1994年)

 再掲後日談シリーズでは、面白くないという方のために1件。(でも相変わらず映りは悪い。元がダイレクトプリントなもので。補正もこれが限界)

 日本で最初に、西欧のモダニズム建築の胎動を伝えた建物。また、本野精吾が1909年から2年間ドイツに赴いて、帰国後、恐らく冷めやらぬ興奮を秘めて設計したであろう建物。
 渡欧中の見聞録は、『美術新報』(210号,1912.3)に載っている。例えば、まずゼツェッション運動発生時の状況が生き生きと描写されている。(以下、新字体に変換して引用)
「守旧派は新派を目して、芸術を殺すものだと云う、新派は守旧派を指して「レネーサンス、アーキテクト」と云って嘲笑している。自分は其の態度に於いて、新派に與し、其の未来に一層の望みを嘱して居る、・・・」
 本野はこの頃既に、新しい工業技術との連携に建築の可能性を求めようとしていた。そんな中で、P・ベーレンスのAEGタービン工場(1910)には、ひとかたならぬショックを受けたようだ。
「幅三十尺、長四百三十尺、高六十尺の大機械室で、尨然として怪異な外観を呈して居る、・・・・自分が始めて之れを見た時は、茫然として何にも云えなかった、自分が今迄見た現在の建物で、之れ程大きな感動を與えたものは外にない、・・・」
 我々が今日、近代建築史の授業で習い写真で目にするAEGタービン工場の、古典性をやや残した過渡的な受けとめ方とは違って、当時目撃した人にとっては、まるで巨大な怪物にでも出喰わしたかのようなインパクトがあったようだ。
 こうして、ベーレンスへのオマージュのような素っ気ない四角い建物が、まず京都西陣で陽の目を見ることになった。以後は良く知られるように鎮ブロックを用いた「自邸」や「旧・鶴巻邸」など新技術を応用した建物が生まれ、無情な位工業産品露わな建築が、日本にも忽然と姿を現した。

 <付記> 本野による上記の記事は、建築以外にも表現主義彫刻家フランツ・メッツナーを初めて日本に紹介したものでもあるらしい。ライプチヒの戦争記念塔内彫刻のひとつと目される写真が掲載されていた。(記事の所在とこの件は、「構造社」の彫刻を研究する齊藤祐子さんから教わった。)
| 1910年− | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東京市街線高架橋(大手町付近)

1910〜1919(?)年,東京都千代田区,鉄道局,現存(撮影:2008年)

 赤煉瓦による建築が貴重な存在となって久しい中、私達の足元で現役で活躍している建造物もある。足元だけでなく、F・バルツァーが関与したとされる有楽町から新橋にかけての重厚な煉瓦造高架下の空間は、レトロムードを漂わせる飲食店でにぎわっている。その起点の辰野金吾設計の東京駅は復元工事が進行中である。
 右の写真は、「逓信省の建築」(S8.張菅雄著)に掲載された逓信省仮庁舎の写真。
 明治40年に焼失した逓信本省庁舎を再建するまでの間、開通前の高架橋を鉄道局から借り受けて、木造ハーフティンバー付きの建屋をわずか40日の工事期間で付け足して、明治41年に竣工したことが本に記されている。こうした、とんでもないようなアイデアは、過去に帝国議会仮議事堂の再建を60日で達成した実績で名を馳せた逓信省技師吉井茂則によるもの。(これと並行して本庁舎再建も、同氏と内田四郎によって銀座木挽町の地に進められた。)
 この高架橋仮庁舎の位置は、「(後の)鉄道省のある所即ち東京市麹町区銭瓶町」と書かれているので、現在で言う丸の内オアゾから大手町2丁目にかけての高架と考えられる。
 現在では、この付近の煉瓦を用いた高架橋は切れ切れの状態だが、少なくとも明治41年(1908年)時点でアーチが姿を現した、生まれたての状態だったことが判る。
| 1910年− | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE