収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 神田猿楽町々会詰所 | main | 西郊ロッヂング >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
大橋眼科医院


1982年,東京都足立区,現存(撮影:1991年)

レトロな町並みから(2)
 撮影したのはずいぶんと以前だが、私は今の今まで奇麗に保存された古い洋館だと思いこんでいた。無知とはこわいもの。
 調べたところ、建物を継いだ持ち主自らが長年かけて都内で取壊しの憂き目に合った古い建物のパーツを収集しており、1917年築の先代建物を建て替えるにあたって、多数の古い建築部材をもって洋館のたたずまいを再構成したのがこの建物。完成したのは1982年というから驚きだ。
 適応のさせ方はちょっと異なるが、それでも、まるでジョン・ソーン自邸(現・ジョン・ソーン博物館)の日本版かとの思いが強くよぎる。立派なもののようである。
 とっくに喪失されたはずの知られた建物の一部とも、ここで出会えるのだろうか。

| 1980年− | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:24 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/177
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE