収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 神奈川県庁舎 | main | 教文館・聖書館ビル >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
日比谷映画劇場

 
1934年,東京都千代田区,阿部美樹志,非現存(撮影:1983年)

アール・デコ タワー(2)
 アール・デコ装飾は、1925年の「パリ万国装飾美術博覧会」を契機に知られるようになり、各国様々な様相を示しつつさらに波及した。 
 建築の近代化の過程がオーナメントとしての装飾を否定してきた一方で、装飾デザインの側もアール・ヌーヴォーに始まって、幾何学的抽象化とスピード感を伴いながら近代化の道を歩みつつ生き残る。むしろアール・デコ装飾をまとった建物の方こそ人々の心に訴えかけ、モダニズムを実感に導いたようでさえある。
 アール・デコが日本でも拡がりを見せたのは周知の通りで、いたるところに取り入れられた。大衆のために開かれた、工業化による大量消費時代の文化の到来を謳歌するように開花したのだったが、しかしそれは、戦時体制が時代を暗転させるまでの瞬時のきらめきでもあった。

 日比谷映画劇場はその典型例として、映画という大衆文化の花形たるところを表示していた。垂直線が強調された円筒状タワーの先端を仰ぎ見つつ、映画会社のオープニング・ロゴのように大空に向けて投射されるサーチライトを連想させられる。そういう意味ではアメリカ的なツボを心得ていると言うべきだろうか。
 またこの建物の、垂直線がゴシックを、ホールがパンテオンのドームをどこか暗示させるように、アール・デコが古典的なデザインと全く縁が切れたものではないことにも気付かされる。

 そして特筆すべきは、阿部美樹志の存在であろう。コンクリート構造学における日本の草分け的存在ながらも、デザイン的にも高い質を保ちつつ多数の建築をオーガナイズできた稀有な人物と知る。
 惜しくも最近建替わってしまった「阪急梅田ビル」(1929〜36)が知られる他、「神戸阪急ビル(阪急三宮駅)」(1936)は日比谷映画劇場とデザインモチーフで共通しているようだ。(こちらも阪神大震災を契機に建替わった)また、終戦後は復興院総裁として住宅供給に取り組み、戦後初のRC造集合住宅「都営高輪アパート」(1948)の建設につなげたなど、遺した功績は多大だ。

| 1930年− | 17:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:22 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/193
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE