収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 【資料画像】検見川送信所 | main | 日増や(村上精華堂) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
展覧会情報・・・ 「躍動する魂のきらめき―日本の表現主義―」in松戸

 先日、松戸市教育委員会の美術館準備室から、チラシとポスターが送られてきた。なので、さっそくweb上にも(文字通り)貼り付けてみたい。同展は、既に栃木、兵庫、名古屋、岩手での巡回を終え、12月8日から開催される松戸展がトリをつとめる。

 私としては、まだ一度もこの展覧会を観ていないので、松戸の機会を楽しみにしているし、見逃せない。絵画、工芸、版画、建築など様々な分野から多数の作品が集められたそうであり、こうしたことは恐らく今後もそう滅多に行なわれないだろう。表現主義建築の模型再現も行なわれているらしく、意欲的な取り組みに期待している。
 そして、あまり「表現主義」という括りにこだわらずに、観てみたいと思う。
 
 チラシにある展覧会の紹介文から一部を以下に引用してみたい。
「・・・本展では、こうした明治末から大正半ばまでの時期に出現した、自己の内的表現を主題とする様々な作品を「日本の表現主義」と捉え、当時の混沌とした状況をさながらに、そのまま提示しようとしています。ですから、ここにはあらかじめ定められた一定の芸術概念が存在しているわけではありません。むしろ、思い込みを含め様々な試行や主張など、この時代の表現者がいかに切迫したやむにやまれない心情から表現したかを皆様にお伝えしたいと思います。・・・」

場所、開催期間、入場料等は右図の通り。

電車〜バス,徒歩による交通手段
.JR武蔵野線 新八柱駅から松戸新京成バス小金原団地循環行「公園中央口」下車 徒歩1分
.JR常磐線北小金駅から松戸新京成バス八柱駅行「公園中央口」下車 徒歩1分
.新京成八柱駅またはJR新八柱駅から徒歩15分(21世紀の森と広場内)

| お知らせ | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:02 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/211
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE