収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 自由学園明日館 | main | 岩国徴古館 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
横浜競馬場(根岸競馬場)
  
1930年,神奈川県横浜市,J.H.モーガン,一等馬見所が現存(撮影:1981年)


 上京してまもない貧乏学生の頃、ちょっと知られた廃墟を撮ってみようと出掛けたのがここだった。確か「写楽」という写真誌で情報を得たように記憶する。買ったばかりのカメラを携え行ってみればそそり立つ廃墟のシルエットに、どこがどこやら迷いつつ夢中でシャッターを切った。屈強なU.S.POLISEが遠くで叫んでいた。(おじさん何て言ってたの)。

 そして、現在の私はノスタルジックな廃墟趣味というよりは、建築デザインの概念上の「廃墟」、つまり機能を失った(「意味」が減衰した)モノの不思議な存在感として、この建物に惹かれる。もちろん根岸競馬場については、モーガンの設計による建築史的価値をまず取り上げるべきだろうが。そして横浜に花開いた居留地文化の証として。

 ついでながら、確かこの時、競馬場周辺の広い芝生のフロントヤードを備えた米軍住宅のエキゾチックな雰囲気に触れてちょっとしたカルチャーショックを覚えた。貧乏学生には良い経験だった。


        

        

        
        

 
        




 

| 1930年− | 20:40 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:40 | - | - | pookmark |
コメント
正直な文章に感動した。思い出の中の屈強ポリスと、米軍住宅に
よろしく伝えてくれ。
| 岡澤 則男 | 2012/02/29 3:30 AM |
コメントありがとうございます。遥か以前の美化された思い出ということで。それにしても若かったんですねぇ、今思うと。
| Kikuchi | 2012/02/29 4:05 PM |
この写真の拡大版、その他の写真ってありますか?
| Sato | 2013/07/08 8:35 PM |
Satoさま、先日スキャニングし直してfacebookに掲載した画像がありますので、早速UPさせて頂きました。
| Kikuchi | 2013/07/08 11:04 PM |
申し訳ないのでが、Kikuchi様のFacebookのURLを教えて頂けないでしょうか?
| sato | 2017/04/13 12:11 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/23
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE