収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 名付けて岡本太郎・都市ギャラリー(PART) | main | 【お見舞い】東北地方太平洋沖地震 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
名付けて岡本太郎・都市ギャラリー(PART)
*************************************************************
            
            《樹霊》 1970年,川崎市岡本太郎美術館

 「1970年大阪万博テーマ館「太陽の塔」の地下展示室「過去・根源の世界」に世界各国から集められた仮面や神像とともに展示された作品。自然に対する畏れと祈りといった人間の初源的かつ根源的な感情を具現化した神像としてつくられた。」(川崎市岡本太郎美術館の作品解説文より)

 戦前、岡本太郎はフランスに渡り、バタイユから強い影響を受けたらしい。

*************************************************************
    
《太陽の塔》,1970年,大阪府吹田市千里丘陵

 《樹霊》が入っていたリアルタイムの太陽の塔(再掲)。当時、大変な人ごみで中に入ることはできなかった。ただし40年の年月を経て思うに、あの時の混雑同様、岡本太郎と《太陽の塔》に寄せる熱気、世俗的な人気については全く衰えることなく持続しているようなのだ。

**************************************************************

《明日の神話》,1969年,渋谷マークシティ連絡通路

原爆の炸裂―悲劇を超越したその先に見えるのは何か・・・

**************************************************************
 
《壁画−眼》 1964年,渋谷 国立代々木競技場(第一体育館)内

   
《壁画−足》, 《壁画−競う》

 
《壁画−走る》

                                                           
                               《壁画−手》
    
              

 丹下健三設計の体育館内部のレリーフ。説明のプレートに従うと、「手」「競う」「眼」「走る」「足」というタイトルが付されている。
 体育館自体は屋根の改修工事中。煙突を兼ねた主塔から煙が立ち上っていた。

       

**************************************************************
(了)
| パブリックアート | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:15 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/285
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE