収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 九段下ビル(旧・今川小路共同建築) | main | アクアマリンふくしま(ふくしま海洋科学館) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
三凾座

1897年以降(?),福島県いわき市,非現存(撮影:2011年)

 明治30年代に芝居小屋として建てられ大正7年には活動写真館としても使用されたと伝えられる「三凾座」、それは日本の近代化を支えた石炭産業で活況を呈していた当時の湯本温泉の町における娯楽の殿堂であった。
 そして戦後も映画館として繁栄が続いたのだが炭鉱の衰退と歩調を合わせるように1982年には閉館、以後長らく放置状態だったようである。
 建物の年齢は少なくとも100歳を超えながら今も健在ということになる。

 私もいわきに住んでいた時期があったのだが「三凾座」のことは気付かずに過ごしてしまった。数年前にはじめて知り、3.11の震災でも無傷で耐えたと知るや一目見たいとの思いが頭を持ち上げ、やっと数日前に初対面が叶った。
 ちなみに、確かこの辺りの地名を「さはこ」と呼んでいたように記憶するが、この建物に
ついては「みはこ座」と読むようになったそうである。
 
 細い路地の突き当たりに目をやった瞬間、つまり「三凾座」と座名がストレートかつ堂々と墨書されたているのを目の当たりにすれば忘れがたい印象をそのファサードから受ける。看板建築と言って片付けてしまえばそれまでだが、いやそんな呼び方を凌駕する迫力があると言うか最盛期の町の繁栄を偲ばせるような力強い息づかいを感じさせてくれる証人なのである。
 また郷土史料をいくつか紐解いてみると、なぜか独特な半円屋根型を基本とするファサードデザインの芝居小屋はかつて隣の町(村)にもいくつか存在していたことが判る。活動写真の「平館」(1917)、それに「四倉座」であり、同類のデザインの複数の小屋が存在していたことに不思議さと関心を覚えたことも付記しておく。
 
 最近では地元の人々が核となって建物を守り伝えるべく活動を開始されておられ、心強い限りである。狭い路地の奥に立地している条件などをはじめ現行法上はそのまま再開館するのは難しい状況だが、何らかの活路を見出されるよう切に願っている。
 また「三凾座」の活動などが掲載されたサイト「ふくしまの近代化産業遺産」には、他にも古い芝居小屋など興味深い建造物があることを知った。いずれ訪ねてみたいと思う。







 
| −1899年 | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:55 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/324
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE