収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 東京都児童会館 | main | 旧・上田男子小学校明治記念館(旧・市立図書館) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
日本基督教団千葉教会


1895年,千葉県千葉市,R・ゼール,現存(撮影:2008年)

 1895(明治28)年竣工の千葉教会は、ドイツ人建築家リヒャルト・ゼールの設計によると伝えられる。
 当初の教会堂の姿を示す模型写真(*1)を見ると、入口の辺りに元々は高い鐘楼があったようである。しかしそれは1911(明治44)年の台風によって惜しくも倒壊してしまったとのこと。また関東大震災では壁の一部が剥落することはあったものの、ともあれ震災や戦災を潜り抜け適切な改修を受けるなどして、現在も往時の雰囲気を十分とどめつつ、営々と教会としての役目を担い続けている。しかも都市部に明治期の建物がひっそりとたたずんでいるせいなのか、色々と調べるうちに余計に驚きとある尊敬の念を覚えずにはいられないのだった。

 ゼールは、ドイツのエンデ&ベックマン建築事務所の所員であり、1888年に来日、全権委任者として司法省(現・法務省旧本館)東京裁判所の工事にあたった。
 明治政府との雇用契約終了以降も日本にとどまり、1903年に帰国するまでの間に「同志社神学館(現・クラーク記念館)」(1892〜1893年),「明治学院ミラー記念礼拝堂」(1903年)をはじめとした建築の設計を手がけた。(*2)千葉教会もそのひとつである。一説には「三田美以(みい)教会」(1895)の図面をもとに左右反転して建てられたとも伝えられている(*1)。

 私は数年前の暮れの時期に、ほとんど偶然に近いかたちで、初めてこの由緒ある教会の存在を知り外観の写真を数枚撮って過ぎ去った。実は内部は明治期以来の雰囲気をさらに保っているようであるがそうとも知らずにいたのだ。
 内部の天井部分、特に「ハンマービーム」と呼ばれる木造の小屋組みが良く残っているそうでこれを見なかったことは悔やまれる。いつかきっと見に行きたい。(ハンマービームについてはここにとても良い図解があった(*3)。
 今は、入口付近の風格を感じされる木製部材の写真(右)を眺めつつ、そうした内部空間に思いを馳せるばかりであった。



*1:HP「日本キリスト教団千葉教会―文化財の教会堂」を参照
*2:『リヒャルト・ゼールの経歴ならびに建築作品について―R.ゼール研究 その1』
(堀内正昭 山田利行  2002年)を参照
*3:HP「山田利行研究室―ハンマービームを訪ねて」





| −1899年 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:28 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/340
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE