収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 旧・倉敷市庁舎(現・倉敷市立美術館) | main | 出雲大社庁の舎(ちょうのや) >>
図書印刷原町工場(現・図書印刷沼津工場)

1955年,静岡県沼津市,丹下健三,現存(撮影:1981年)

  やじろべえの如く中央に集約された柱から両方向に延々伸びるトラス屋根の下は、ガラス張りで明るい柱の無い空間。構造技術が工場の空間のありかたに一石を投じた。
  よく知られるようにコルビュジエのソビエトパレス案から強い影響を受けた丹下健三にとって、彼をして力学的明快さを美的にみごとに昇華させた好例である。

| 1950年− | 22:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:23 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/36
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE