収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 太宗寺 | main | 旧・名古屋逓信局(日本郵政グループ名古屋ビル) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
妙経寺

     
    1959年,東京都台東区,川島甲士,現存(撮影:2012年) 

       

 津山文化センター(1965)の設計で知られる川島甲士が設計した妙経寺。やはりコンクリートによる造形が冴えわたっていた。

 『建築文化』(1960年5月)によればその掲載データには芝浦工大川島研究室の川島氏の設計とあり、担当者として石川洋美氏の名も見える。余談ながら我が母校で教をとった建築家の作と知り、ちょっと嬉しい気分になった。

 以下『建築文化』氏に寄せた川島氏の記事によれば、設計依頼時の条件として、不燃耐火は勿論さらに山口智光師の言葉「・・・伽藍とはガランドウ―すなわち広い空間への謂いであります・・・」が示すように、従来の権威がかった威圧的な寺とは逆に、講演、展覧会、結婚式、子供会など民衆に開放され気兼ねなく集まれる公共空間が求められた。
 そのようなわけで折版構造の屋根が提案された。
 一方、この個性的な鐘楼も外向的に「天に向かってはね上がる」精神的指向を表したかたち、あるいは仏教発祥の地インドの水牛の角のイメージかもしれないそうである。

         

 境内を歩くと鐘楼付近には区による説明板が掲げられていた。その内容を要約すれば、寿量山妙経寺は日蓮宗の寺院。1535(天文4)年に武蔵国芝崎村(現千代田区大手町)に創建、1611(慶長16)年に当地に移転したそうである。銅鐘は四代西村和泉守政時による1763(宝歴13)年の作。西村家は江戸中期か
ら大正期にかけて、鋳物師と して名工を輩出した家柄とのこと。




| 1950年− | 21:36 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:36 | - | - | pookmark |
コメント
こういうタイプの寺院は、名古屋市内でも見かけます。大空間を作るために都合がよかったのでしょうか
| 寺西 | 2013/07/05 6:56 AM |
コメントありがとうございます。折板構造やシェルなど、構造が主の意欲作は50〜60年代頃までに集中しているようですね。地方都市において、人知れず残っている建物が少なからずあるかもしれないですね。
| Kikuchi | 2013/07/12 11:54 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/371
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE