収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 青木町公園の「聖火台」 | main | 駒沢陸上競技場 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
国立競技場周辺,明治公園散歩

     
 前回聖火台の話題を書くために国立競技場を訪れた後、新しい国立競技場が建てられたら見られなくなる風景もあるのではないかとばかりに、今更かもしれないが、競技場周辺を少し散策してみた。

     

 遡れば、明治神宮外苑は明治天皇の遺徳を伝えるため、聖徳記念絵画館を中心にスポーツや芸術文化普及の拠点として、旧青山練兵場跡地に各施設が整備されたことが、この地域の特色を形作る源泉となった。
 現在ある正式名称「国立霞ヶ丘競技場」は1958年に建て替えられたものであり、それ以前には1924(大正13)年竣工の「明治神宮競技場」があった。(あの学徒出陣壮行会はここで行われた)

     

 さて、周囲を見回すと競技場をとりまくように、オリンピックの開催に合わせて整備された「明治公園」がある。ちょうど競技場の観客のたまり場のように広がる空地として機能しているようである。ただ競技場と公園のデザイン的な統一感はあまりなく、その点では代々木競技場や駒沢競技場とは異なる。その代りに歴史を感じさせるものが「点」として存在しそれを発見する楽しみがあるようだ。

 まずは1964年東京オリンピックの勝利者の名を刻んだ国立競技場の正面(↑)。オリンピックの開催を記念する最も明確なモニュメントであろう。

 芸術文化普及という神宮外苑の目的と共に、さらに美と力を両輪として尊ぶ古代オリンピックの考え方を反映したためであろうか、彫刻などの芸術作品がそこかしこに数多く展示されている。
下にそのうちの一部を挙げてみる。(左:《よろこび》寺田作雄,中:《青年の像》朝倉文雄,右:《健康美》北村西望)(*1)


     

 競技場の周りにあるバタフライ屋根の建物が、ちょっと昭和の雰囲気を醸し出していた(↓)。「神宮外苑サイクリングセンター」、1968年に開設されたとある。

         

 明治公園のうち霞ヶ丘広場と呼ばれるエリアには、このような半円形の大きなパーゴラがあった(↓)。公園として整備された頃のものであろうか。ここは都心部には貴重な広場で、フリーマーケットなどで賑わうという。

       

 もう一方、国立競技場西側正面に接する明治公園は、和風庭園の趣きがある(↓)。その少し鬱蒼とした雰囲気の中に「クーベルタン男爵」の石碑や「嘉納治五郎」の石碑があってオリンピック開催の歴史を伝えている(↓↓)。

     

       

 明治公園の霞ヶ丘広場に隣接する一帯は都営霞ヶ丘アパートである(↓)。1960年代前半に建設されたというから、ここもオリンピックと同時期に整備されたエリアということになる。昭和30年代的な空気濃厚な雰囲気に出会い心も癒されたと言いたいところだが、実はそんな呑気なことも言っていられないことが起こっている。       

          

                             

 新しい競技場を建設するにあたって、コンペの段階で示された設計のプログラムには、住民が暮らしているこの霞ヶ丘アパートの敷地を、新しい競技場をとりまく滞留空間とするために移転つまり取り壊すことが既に決められていたそうだ。住民への十分な説明が無く理解も得られないままの決定であったようである。もしそれが本当ならば、住む人の身になるならば恐ろしい話である。知らない間に一方的に退去させられることが決まっていたとしたら・・・。
 事態は恐らくこのままでは済まされないのではないか、と心配する。

                     


 以上が私の拙い競技場周辺の風景録だが、このこととは別につい先日発刊の槇文彦氏のJIAへの寄稿「新国立競技場案を神宮外苑の歴史的文脈の中で考える」(*2)を読んで心を揺さぶられた。ご参照されたし。偉そうなことを言うつもりはないけれど、他人事ではなく自分のこととして多くの人が行動するならばまだ間に合うのかもしれない、という気持ちである。




1:そういえば先日、1936年のベルリンオリンピック芸術競技彫刻部門優勝作品(《ハードル走者》E.シュトール)が、どういうわけか日本の秩父宮記念スポーツ博物館にあるのを見て驚いた。

*2:JIA(295  2013年8月) 





| 街並み | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:30 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/376
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE