収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 駒沢陸上競技場 | main | 東京聖三一教会 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
駒沢公園体育館・管制塔
      
   1964年,東京都世田谷区,芦原義信(体育館構造:織本匠),現存(撮影:2012年)

 今朝、2020年東京オリンピックの開催が決定した。日本中が喜びに沸く映像が溢れ、本当に良かったと、眠気でぼーっとしながら胸をなでおろす一日だった。

 ぼーっとしついでに前回の1964年の東京オリンピックに思いを馳せてみたが、私が物心ついた頃であったので具体的な記憶はほとんど無い。だが開催が近づき聖火リレーが家の近くを通ったりして周囲の熱気がどんどん高まっていったことだけは、今でも心にしっかり焼き付いている。何も分からないながらワクワクしていた。
 最近見た映画「ALWAYS 三丁目の夕日'64」でも熱気を含んで描かれていたように、あの時のオリンピックは、やはり泥沼のような戦後から這い上がり物質的な成長発展を目指した、高度成長期の希望のシンボルだったのかもしれない。

 そして2020年のオリンピックはどういった大会になるのであろうか。
 当然1964年当時とは時代状況が異なろうが、しかし飽食の時代と言われつつも災害を蒙ったりその他様々な問題で、精神的には希望を求めざるを得ない状態という点では変わりがないように思う。今回、そんな状況を引きずりつつ、スポーツが持つ人の心を結び付ける力をもって、より良い方向に導く役目を仰せつかったということだろう。

 ロゲIOC会長が記者会見の場で、日本は開催決定が決まったからにはコンセプトをしっかりと決めなければならない、と語っていた。当たり前のようだがとても大事なこと、安手のキャッチフレーズを決めてお茶を濁すだけにならないようにして欲しいところである。コンセプト(基本理念)はすべてを統合するのだから。もちろん競技施設のあり方やデザインにまで反映されるべきものであるはず。
 一例挙げれば、新国立競技場案についてもそういう観点から再検討されるべきなのかもしれない。槇文彦氏がいみじくも示した歴史的文脈やボリュームの適否の再検討と共に。

       

                     
                      **

 さて駒沢公園体育館は、管制塔と共に1964年東京オリンピックに向けて建てられた芦原義信の代表作であり、またかつて多くの選手が活躍した記念すべき建築である。
 建築的にも、都市空間の構造に造詣の深い芦原氏が好んだサンクンガーデン(沈床庭)の空間があり、あたかも飛翔しそうな鉄骨シェルの屋根が軽く広場に接地しているように見える。おそらく当時としてはどこにも無かった新しい建築だったのではないだろうか。
 そしてこの建築も、東京オリンピックに向けた当時の人々の純粋な希望を物語っていたのではないか、と思えてならない。

       

       








| 1960年− | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 20:39 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/378
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE