収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 駒沢公園体育館・管制塔 | main | ピーター・マックスのモザイク壁画 @大宮タカシマヤ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
東京聖三一教会
      
  1961年,東京都世田谷区,石本建築事務所,現存(撮影2013年)

 1961年竣工なので石本喜久治存命中の建築作品ということであるが、どの程度デザインに関与したのか知る由もない。私見によるところ、中央部のコンクリートの穴あきパターンなど戦前の旧・白木屋大塚分店の塔屋を彷彿とさせるのだが・・・
 中央の十字架は最近まで(右下の竣工時写真(*1)のように)建物のさらに上に天を目指すように据えられていたが、先の震災の痛手で現状のようになったそうである。

    

 側面の窓はどことなくモンドリアン的なパターン。これも戦前の石本氏の建築に時々登場する。内部のRC構造体による見せ場の作り方はさすが。
      
         

 日本聖公会東京三一教会は1889年に築地の外国人居留地にて創立、1927年に青山に移転した。さらに戦後1959年に麹町のインマヌエル教会と合同するかたちで現在の世田谷の地に移転した。教会に隣接して築80年になるという木造の洋風住宅(下図)があるが、戦前からのこの住宅が建つ広い敷地を分割して教会が建てられたということであった。派手さはないがしっかりとした細部も丹念に作られた建物であった。

      

思いがけず素晴らしいものを拝見させて頂きました。かつて近所にお住まいだったそうな清水崑の絵「子ども河童天国」の絵が子供部屋の壁に・・。あんまり愛らしかったので(すみません)、ついUPしてしまいました。

  



*1:石本建築事務所作品集(『建築画報』1966年,光元社)


 
| 1960年− | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 22:11 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/379
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE