収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 下関あれこれ | main | 千葉大学医学部記念講堂 >>
芝浦工業大学大宮図書館

1971年,埼玉県さいたま市,沖種郎(設計連合),現存(撮影:2009年)

 芝浦工大大宮キャンパスの最奥部、鬱蒼とした林に溶け込むように建っている。
 掲載誌(*1)の解説によれば、開放的な空間と利用者主体の閲覧方式という主旨に基づくいくつかのアイデアによって計画されたことが分かる。全館開架とされ、建物の開放性は構造体つまり内部にある2列の長大なボイドウォールとボイドスラブが受け持つことによって解決された。自由なプランニングと見通しの良さが可能となり、外壁面にも大きな開口部がとられ、外の木立の景色を存分に味わうことができるようになっている。



 設計者の沖種郎は、丹下健三のもとで戦後の著名な作品の計画に関わり、「図書印刷原町工場」や「香川県庁舎」などを担当した。独立後は大谷幸夫と「設計連合」を組織し、1963年の国立京都国際会館のコンペでは1等を獲得し実施された。

 芝浦工大との関わりは1959年から教鞭を執りはじめたところから始まっていた。私が同大学に入学した頃には退職の時期であったようで、最終講義をこの図書館の視聴覚室で拝聴したことを覚えている。(確か旧東京都庁の計画その他様々な話が披露された。ただ残念なことに入学して間もない私には多くを理解できなかったのか、その程度の記憶しかない。)

 卒業後数十年経て図書館の前に立ちその姿を見た。しかしその姿は特に綻びた様子も無く以前と同様、という印象であった。




*1:『建築文化』1971年12月号




 
| 1970年− | 21:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:00 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/386
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE