収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 東郷神社境内の、とある狛犬(?) | main | 都橋商店街 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
三岸アトリエ
     
1934年,東京都中野区,山脇巌,現存(撮影:2014年)


 昭和初期といえば、明るく透明感のある白い箱のようなモダニズムの建築が登場し、進取の人々を魅了し始めていた。しかしイメージそのままに作られた木造の建物は、か弱い可憐な花のように、大抵の場合そう長くは持ちこたえられず修理の繰り返しを余儀なくされ、あるいは短命に終わったようだ。それでも自然の摂理に敢えて挑戦するように陸屋根と大きな開口部を持つ純白の住宅に住むことは、生活自体が主義主張を行うのと同じ意味を持ち、つまり住み手側にも強い意志が求められていたことを物語っていたのである。
 例えばそうした状態から出発した初期モダニズムによる個人の建物は、今やどれだけの数が生きながらえているのだろうか。

     

 1934(昭和9)年に完成した画家三岸好太郎のアトリエも初期モダニズムの貴重な遺構である。三岸好太郎(1903−1934)は大正から昭和にかけて活躍した画家であり、洒脱で独特の詩情を漂わせる画風の持ち主であった。だから勿論、鬼才の画家三岸好太郎そして妻で女流画家の三岸節子(1905−1999)のアトリエとしての価値も大きいはずである。
 アトリエの現在の姿は、自然の強い力抗しきれなかった結果として各所に綻びを呈し、また修理や増改築を経て当初のままとはいかない現状にある。しかし、かえってそうした建物の姿こそが三岸のアトリエを維持する住み手の強い意志の表れとしてこちらに迫ってくるのであり、語弊があるのを承知で言えば、そこにある美的な感動さえ呼び起させられる。


●三岸アトリエの経緯
 このアトリエは単に画家の仕事場というだけではなく、三岸好太郎にとっての理想的空間イメージの表現でもあったようだ。三岸による計画段階のスケッチなども残されている。三岸が示したアイデアに呼応しつつ、バウハウスに学んだ建築家山脇巌が実際の設計を進めた。

 アトリエのポイントとなるらせん階段はそうした三岸が強くこだわっていた部分である。しかし、その比類なき空間の完成を目にすることなく三岸は急逝した。妻の三岸節子によって建物は完成し、後に洋風の暖炉のある建屋や庭園が加わるなど増改築が重ねられながら、アトリエは守り伝えられてきた。歴史の年輪を積み重ねるように変化する建物は、生きた建築としてあり続けていることを意味するのであり、従って現在も三岸好太郎の魂がそこに息づいているという感覚と感慨に浸ることができるかもしれない。

     

     


●求められる保存措置
 現在、三岸好太郎の孫にあたる山本愛子さんが維持管理に腐心されている。このアトリエの価値を重んじ、区の交流会場(まちなかサロン)絵画教室を開くなど積極的に有効利用を図られている。このブログへの掲載についても、価値ある建物の存在を周知する観点から快く了承して頂いた。ここに掲載した竣工時の写真や資料(資1〜5)も山本さんから提供を受けたデータである。

 前段で歳月を経て綻びつつも力強く建つ貴重なモダニズム建築を讃えたつもりなのだが、それはそれとして、一方で呑気に褒め讃えて済ませられる状態ではない現実もある。老朽化は進んでおり、長く維持しようとするならばそれなりの措置が必要であるとも言われている。山本さんが最も悩んでおられる部分である。先の地震による漆喰壁の剥落は痛々しく、早急な対応が待たれる。ただ一部応急措置が「中野たてもの応援団」により差し伸べられつつあったことは、せめてもの救いに見えた。


     


●アトリエ見学
 6月14,15日の両日、「近代建築探訪メーリングリスト」による「まちかどの近代建築写真展」がここ三岸アトリエで開催された。私もメーリングリストの会員であり、この機会に三岸アトリエを改めて訪問した。今回で2度目の訪問となる。

 建物がどのように増改築や修理を受けてきたのか、当初の資料写真と見比べてみるとなんとなくわかってくる。当初の陸屋根は目立たぬように勾配屋根で作り直されていた。また当初の玄関は、現在収納庫として使われているので入ることは難しい。その代り暖炉のある洋風の部屋が増築され、そちらからアプローチするようになっている。またアトリエ北西側の外壁面全体が幅約1間増築されている。それに伴って北側の大型窓が改修され、天窓はなくなったようである。アトリエ内部の鉄骨らせん階段と2層吹き抜けの大空間は健在なのだが、道路側の大型建具は大幅に改修された。おおまかに言って以上のような変化がある。

    

 しかし細部をよく見ると、当初のままと思しき見どころもある。旧応接スペースや旧玄関を中心に、まるで埋もれた宝石が顔をのぞかせているように残っていた。将来必要に応じて修理され再現されるよう、心の中で祈った。
 例えば旧応接スペースの奥には、黒いタイル貼りの飾り台があった(下の写真)。真鍮のカバーの中にストーブが収納されるようになっていた。資料5の当初の写真の通りモダンで美しい台である。

     

     

 旧玄関のドア脇の球形のペンダント照明は、丸く刳りぬかれた外壁に接しており、外部のポーチ灯を兼ねている(下の写真)。刳りぬかれた丸い穴からは外気が入る、さりげなくも大胆な仕掛けである。夜、絵のモチーフになりそうな蛾が飛来するのを期待したのだろうか・・・などと想像したくなる。

   

         

 旧玄関ホール部分にはグリーンのスチールパイプ棚(下の写真)が、白い壁面のアクセントとして取り付けられていた。

      

 床は土間部分に黒いタイル、靴を脱いで上がった床には白いタイルが貼られている(下の写真)。白いタイルは釉薬がかかった艶付のタイルであり、壁一面の大きなガラスの窓からの光でさぞかし美しく照り映えていたことだろう。

      


 こうした細部のひとつひとつが三岸と山脇によって考え抜かれたアイデアであったはずである。設計は、全体の中で動かしがたいところまで考え抜かれ洗練されていったに違いない。そうしたいわば三次元の美術作品が、いつの日か再現されたらどんなに素晴らしいだろう・・・、とそのようことを勝手に思いつつ建物を後にした。




 
| 1930年− | 19:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:45 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/398
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE