収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 三岸アトリエ | main | 横浜の防火建築帯をめぐる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
都橋商店街
    
1964年,神奈川県横浜市,横浜市,現存(撮影:2014年)

 横浜市内を流れ緩やかに弧を描く大岡川には、カーブのラインに忠実に沿うような形をしたちょっと不思議な飲食店ビルがある。
 長い建物は2階建てでハモニカ状に区切られ飲食店が多数入居し、一部は川の上空に迫り出しているようであり、ちょっとしたアジア的な魅力のある空気を感じさせる。大体どうしてこのような建築が実現できたのだろうか、気になるところだ。

       
 知る人ぞ知るスポットとしてネット内を散策してみれば結構有名なようではある。しかしその由来についての詳しい解説は少なく、やはり専門家である伊達さんのHP「横浜B級観光ガイドブック」などを参照させて頂くことにした。
 話をまとめて要約すればこういうことだろうか。50年前の東京オリンピック開催の計画が持ち上がった際、戦後の闇市の名残りである露天商や屋台が美観上問題視され、そこで行政サイドはひとつの建物に店舗を収容してしまおうと画策した。しかし空いている土地がそう簡単にみつかるわけでもなく、目をつけた公有地である大岡川に私有の建築を建てることはできない。結局は河川敷と河川上空の占有許可を得て、横浜市(横浜市建築助成公社へ委託)が建設し、商業者の組合(横浜野毛商業協同組合)へ貸与、さらに組合員が入居する形をとることに行き着いたのだそうである。

           
 実際ほとんど超法規的と言っても良いような離れ技をクリアして実現されたとのこと、やはり「東京オリンピックの開催」が不可能を可能にさせる「伝家の宝刀」として働いたのではなかろうかと思う。(状況は異なれど、次の東京オリンピックでも良くも悪くも似たようなことがありそうである。「歴史は繰り返す」のであろうか。)
 
 建築された当初は1階が日用品などの店舗、2階には飲食店が入居していたようである。現在はほとんどがスナックなどで占められている。

       


       

 さて、こうした特殊な敷地を生み出し方をもって建てた建築物として恐らく誰もが思い浮かべるのは、土浦亀城による2つの建物ではないだろうか。最近惜しくも閉鎖解体されてしまった銀座の「三原橋地下街(1952)」と、上野公園のがけ地にあり既に建て替え済の「西郷会館(1952)」である。前者はやはり河川が相手で、埋め立てられた三十間堀川のに残った廃橋の下の空間を商店街や映画館としたものであった。上野の西郷会館も崖の法面を利用するというとてつもないアイデアであった。

 これらは闇市を一掃するために占領下の特殊な状況下で生み出され、恐らく今日ではこのような方法で土地のないところに土地を生み出す方法など考えられないのではないだろうか。
 都橋商店街は「三原橋地下街」や「西郷会館」よりは時代が下るものの、希望は横浜で見出されたと感じた。現存する同類の建物がなんと横浜で現役だったのである。戦後昭和期の数少ない生きた遺構として、まだまだがんばってほしいと思った。

    



    



==================================================

・付録「大和橋ガレージ」
 さて、三原橋商店街の話が出たついでに、最近みつけた建物(と言ってよいのか?)「大和橋ガレージ」をおまけにUPしておきたい。
 下は岩本町辺りを歩いていて見つけた地下入口の画像である。その正体はかつてあって埋め立てられた「竜閑川」に架けられた大和橋の廃橋の下を利用して作られた地下の貸駐車場であった。現在は閉鎖されている。
 これについてもネットで調べてみたところ、こちらのブログ「(老人の呟き フォトアルバム」)が詳しい。1952年に造られたのだそうだが、当時の「江東楽天地」によって橋の下を映画館にするという、三原橋と同様の計画案も一時浮上していたそうである。

        

 こうした車路が一対ある。内部はどうなっているのだろうか。入口脇の格子模様が意味あり気だが、何だかさっぱり解らず気がかりである。

        

        

以上。

 
| 1960年− | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 21:08 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/399
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE