収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 横浜の防火建築帯をめぐる | main | JR鶴見線国道駅 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
旧・三井物産横浜支店生糸倉庫
    
1910年,神奈川県横浜市中区,遠藤於菟,現存(撮影:2014年)

 日本で最初の鉄筋コンクリート構造物は1903(明治36)年完成の琵琶湖疏水上の橋であると言われる。また建築物において日本で初めて構造体全てを鉄筋コンクリート造(RC造)とした建物は、遠藤於菟設計による「旧・三井物産株式会社横浜ビル1号館(以下横浜ビルと称す)」(1911(明治44)年竣工)であると言われている。

 さて、ここで取り上げた「旧・三井物産横浜支店生糸倉庫(以下生糸倉庫と称す)」(*1)は、その「横浜ビル」よりも約1年先立って竣工した。二つの建物は連続して建っている。(下の画像手前の建物が「横浜ビル」、奥が「生糸倉庫」)
 生糸倉庫の方は、柱など一部が鉄筋コンクリート造のいわゆる混構造であったため、「日本最初のRC造」とまでは言われないが、しかし生糸倉庫の価値も横浜ビルと同様に高く貴重な建物であると考えられている。

     

 生糸倉庫は、構造体全体をRC造とした三井物産横浜ビルに至るいわば前哨戦の建物に相当しよう。だが生糸倉庫をかたち作るRC混構造の構造形式は、後にも先にもないユニークかつ唯一無二のものであり、またそれは設計者の創意と苦心の痕跡を物語っている。さらに両建物により日本最初のRC造の出現のプロセスを示す証拠ともなっているわけで、こうした理由により外見上そう目立たない生糸倉庫もその価値は計り知れないのである。

 遠藤於菟が考案した生糸倉庫の構造をもう少し具体的に言うならば、内部の柱と屋上スラブは鉄筋コンクリート造であり、床版は木組みでそれらを煉瓦造タイル貼りの外壁が覆っているというものであった。内部の写真と構造の模式図(大野敏氏作成)が日本建築学会関東支部の保存要望書(*2)に添付されているので、これを参照すればイメージし易いかもしれない。
 こうした構造は今日では普通考えられないものだが、関東大震災に遭遇した際も生糸倉庫の機能を維持し商取引の継続に寄与したということなので、構造上の一定の有効性は実証済みと言えるではなかろうか。

 設計者遠藤於菟と言えば、この建物の他に帝蚕倉庫建物群を設計した建築家としても知られている。

     

 構造的な側面ばかりではなく外観について言えば、タイル貼りにバランス良く鉄扉付の窓が取り付けられただけと言っても良いような外壁面でありながら、深い味わいを感じさせるものとなっている。よく見るとタイル目地は覆輪目地となっていて、細やかな意匠上の配慮が感じ取られる。
 そして全体にシンプルな外壁面に、私は何かしらモダニズムの予兆のようなものを感じたのであるがどうであろう。建築意匠の歴史の上でも意義のある建物ではないだろうか。
 因みに(この建物と直接の関係は無いにしても)佐野利器が日本建築学会の誌上討論『我国将来の建築様式を如何にすべきや』において「・・・建築美の本義は重量と支持との明確な力学的表現に過ぎない事と思はれる・・・」と述べたことが思い起こされるのだが、この発言がなされたのは生糸倉庫が竣工したのと同じ1910(明治43)年のことであった。

     

                  ***

 生糸倉庫が近く解体されるのではないかとの情報がある中、建物の価値を知るためのシンポジウムが開催されるなど、にわかに注目が高まっている(*3)。
 最近の富岡製糸場の世界遺産登録決定の例を持ち出すまでもなく、生糸産業は日本の近代化における基幹産業であり、横浜などの港町は貿易の拠点であった。この生糸倉庫がそのことを証し立てる横浜に現存する最古の倉庫であることなどがこれまでに指摘されている。

 歴史を未来につなげるための資産として活かすことについて実績を持つ横浜に建つ建物のこと、そこで活動する企業にとっても、歴史的価値の高い建物をプラス材料として活して頂けるに違いないであろう・・・と、そのように私は希望をもって見守っていきたい。

  

 現在「旧三井物産横浜支店生糸倉庫を壊してほしくない人々の会」が活動を行っているが、その一環として昨日から同会の主催による倉庫をテーマとした写真展が横浜で開催されている。
 詳細は下記のとおり。場所は1957年に建てられた「防火建築帯」の建物(吉田町第一名店ビル。前話題中の画像「吉田町C」)なので、そちらの街並みも楽しみつつお気軽に覗いてみてはいかがだろうか。

                  ***

  【まちかどの近代建築写真展in横浜 テーマ:「倉庫」】
  日時:9/20(土)〜27(土) 13:00〜19:00(最終日は18:00まで)
  場所:Archiship Library&Cafe (中区吉田町4-9)
  料金:写真展入場無料
  主催:旧三井物産横浜支店生糸倉庫を壊してほしくない人々の会
  協力:まちかどの近代建築写真展実行委員会
     近代建築メーリングリスト・モダン建築探検隊




*1:ここでは旧・三井物産横浜支店生糸倉庫と称したが、「旧・日東倉庫日本大通倉庫」に同じ
*2:「KN日本大通りビル(旧三井物産横浜ビル)および旧三井物産横浜支店倉庫の保存活用に関する要望書」(日本建築学会関東支部,2014.7.28)
*3:「生糸を守った建築家『遠藤於菟』」(2014.9.18)




 
| 1910年− | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:53 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/401
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE