収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 旧JR奈良駅舎(奈良市総合観光案内所) | main | 旧奈良監獄(奈良少年刑務所) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
奈良県庁舎
  
1965年,奈良県奈良市,片山光生,現存(撮影:2014年)

 大きな庁舎ではありながら、隣接する奈良公園の落ち着いた雰囲気を助長するかの如く、鹿の群れもこの打ち放しコンクリートのれっきとしたモダニズム建築になじんでいる。

 待てよそうか、本来モダニズムの建築とは自然環境との親和性が高いものだったということか。(そのかわり、過去の様式建築との対比を強調するところから所謂モダニズムの建築は出発したとも言えよう)その好例として、コルビュジエが地中海の風景に溶け込んだバナキュラー建築から影響を受けたことやいくつかの計画を思い出せば、容易に納得できよう。

    

 設計者は片山光生。寺院の伽藍配置を思わせる建物配置が特徴。
 リズミカルに柱を配した回廊を透かして、中庭とシンボリックなペントハウスのある建物に視線が誘われる。回廊はピロティとなって建物を浮かび上がらせ、最大限に大地を見せようとしている。窓やバルコニー手摺それに個性的なデザインの庇が水平に広がり、これらによって見事に圧迫感を消し去っている。また屋上庭園は市民に解放されており、奈良公園から若草山まで一望できる。まさに近代建築の原則に忠実に則ってできたと言ってよさそうな建物である。
 もちろんこうした中庭や回廊部分は、現在でも生きた空間として利用されている幸せな建物なのであった。

    

    

    

    

 片山光生はこの他にも奈良県文化会館(1968年)、奈良県立美術館(1973年)を同様の方法で手掛けた。
また、昨今ご存じの方も多いと思うが、東京の現・国立霞ヶ丘競技場(1958年)の設計者でもある(下の画像)。水平性を強調した外観で、落ち着いたたたずまいを大都市のど真ん中に創出する手法は、その時既に開花していたようである。


    






 
| 1960年− | 17:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 17:11 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/406
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE