収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 沼津市本通の 防火建築帯(沼津アーケード名店街) | main | 横須賀の防火建築帯(三笠ビル) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
沼津市上土通りの防火建築帯(沼津センター街)

  
1960年,静岡県沼津市,日本不燃建築研究所(所長:今泉善一),現存(撮影:2014年)


 前項で沼津本通り防火建築帯を取り上げたが、その完成に続いて、本通りのすぐそばに並行する道沿いの伝統ある商店街、上土(あげつち)通り商店街おいて、不燃化と店舗の共同化が行われた。設計は本通り防火建築帯に携わった今泉善一が組織した日本不燃建築研究所による。

    

 上土通りで防火建築帯が作られた理由は、完成によって売上げを飛躍的に伸ばした本通り商店街と、駅前の大手デパートの進出に対抗する気運が高まったことによる。この計画が立案されたのは1956(昭和31)年のことであった。完成と営業開始は地元商業界史(*1)によるところ1960(昭和35)年であり、営業開始後に完成した建物もあったらしい。
 その実現に向けて利害関係などの調整に苦労が付きまとったのは、ここ上土通りも例外ではなかったらしく、産みの苦しみから営業を開始し大幅な売り上げ増加が実現するまでの経緯は、機関紙『不燃都市』(1966.No4)に記録されていた。

 こうした記録を読むと、不燃化商店街の形成は、実は全国各地で始まっていて、不思議なことに今日まであまり語られてこなかった、もうひとつの戦後の日本の建築の発達の流れを見るような思いがした。

    

 上土通りの新たな工夫としては、個々の店舗間の仕切り壁が取り払われ(シャッターで開閉可)、一続きの店内で買い物を楽しめる部分が設けられたことがまず挙げられる。またアーケードは2階が遊歩道となっていて、2階に店を構えることが出来るように設計されていた。現在のアーケードを見ると、なるほど歩くことができるようになっている。

 外観は、写真でも一目瞭然だが、屋上部分がフラットルーフによる独特のモダンなデザインであり、これが商店街としての統一感を醸成している。 また、各地に残る今泉ら不燃建築研究所の建物を見ると、上土通り同様、フラットルーフの屋上部分にモダンなデザインを施すことは、よく行われていたようである。

 そうした上土通りのファサードを眺めると、戦前に今泉が初めて創宇社の展覧会に出展した「連続住宅」(下図)を想起させる。戦前の創宇社時代の労働者のための集合住宅の計画案が、戦後今泉らの手によってこれら防火建築帯として開花したのではないか、とさえ思えてくる。
 

          
                     

    

 かつては通りを挟んで東西にこうしたモダンな商店街が立ち並んでいたようであるが、現在は主に西側にその多くが残っている。
 洗練されたファサードのデザインは、あまり昭和30年代という古さを感じさせず、むしろ新鮮な印象を得たほどであった。最近、一般に再開発などで大きな箱のようなテナントビルに多数の店舗が収容される場合があるが、街路の散策を楽しみながらのショッピングということを思うならば、上土通りのケースは将来の商店街像へのヒントを含んでいるようにさえ思えてくるのであった。

    


 *1:「簡略 沼津商業界昭和戦後史」による


 

| 1960年− | 16:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:16 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/411
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE