収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 過去の川口、街並みスナップ | main | 名曲喫茶ライオン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
小野襄のレリーフ
 

 図書館で建物のデータを調べるために古い定期刊行誌をめくっていると、思いがけず目的とは別の面白い建物が目に入り思いがそちらに集中することがあったりする。今回、そのようにしてみつけた作家の作品を取り上げてみたい。(その定期刊行誌の内容については後述することに)
 その造形作家というのは故小野襄(のぼる)であり、現存する作品が日本大学理工学部駿河台校舎5号館建物のレリーフとしてあると知り見に行った次第である。小野襄について日大出身の先生筋に訊いたところでは、小野薫という構造学における昔日の重鎮のご子息であり、また日大生産工学部の教授として日大などで教え、同氏に師事したデザイナーはネット上だけで何人も見受けられた。

 レリーフはコンクリート打ち放しのピロティの壁にあって、大きくダイナミックなものであった。校舎建物は1959(昭和34)年の竣工で宮川英二の設計、2008年に先端技術を取り入れた改修工事が行われたこともあり古さを感じさせない建物であった。


         

         

 実はコンクリートの外壁レリーフについて、これよりさらに大規模な作品が存在していたことに初めて気が付いた。すでに過去形「存在していた」である。それは平塚市庁舎議事堂の巨大コンクリートレリーフ「静と動」、いくつかのネット情報(*1)によれば、庁舎の建て替えにあたり当初は一部保存する話が持ち上がったものの、残念なことに結局解体されてしまったようなのである。(もう一つの小野襄作品の銅板レリーフについてのみ移設保存がなされた)

 これらの作品を見ると、小野襄は「建築」「絵画」「彫刻」などの既存の分野にとらわれない幅広い創造を目指していたようであり、また総合芸術的に建物と一体化させる場合であっても上手さを発揮したと感じた。
  

      


 さて、冒頭で述べた建築の定期刊行誌とは『建築界』(1967.3月)掲載の「ムービー・センター」という新宿区にあった建物である(▼下3枚共)。写真の建物は既に建替え済みで現存しない。私はこれを写真を見て、生命体を思わせる特異な表面のPC版で内外壁が占めらた建物に目を奪われ、またここまで徹底すれば(建築に付属のレリーフではなく)表面が建築の本質を決定付ける一個の建築作品と言ってもよさそうだと感じた。こうして、恐らくは建築をも造形のひとつと捉えているであろう作家の姿勢に興味を覚え、他のいくつかの作品があることを知ったのである。

 作者は雑誌の中で「ONO陣」という独自の造形論を解説していた。そのときは私などでは理解し難い内容だと思い本を閉じたのだが、しかし気になりだすとどうしようもない性分なのか、いずれじっくり読んで理解したいと思っている。


         

         

         




*1:カナコロ 「平塚市の議事堂の解体着手、新庁舎は13年に一部完成/神奈川」(2011.5.23)





 
| パブリックアート | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:37 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/422
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE