収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 名曲喫茶ライオン | main | 【シンポジウムのお知らせ】「分離派」とは何か >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
木場 洲崎神社の狛犬

   

気まぐれもいいとこなのですが、久々の「狛犬」シリーズ。しかも20世紀近代の建築とは無縁な江東区木場の洲崎神社に鎮座する激しい形相の狛犬に出会って感じたことなど少々。


そもそも公共の場に置かれたモニュメントにメッセージを託すことは石碑に文字で碑文を刻むことで昔から世界中で行われてきたことは言うまでもない。あるいは造形物でメッセージを遺した例もあったのかもしれない。


そして日本の近代に絞って言えば(かなり強引なもっていき方ですね)、近代彫刻の勃興した1920年代には日名子実三ら彫刻家が旧来の内向きの芸術作品を超え、公共的な場においてメッセージを発する造形パブリックモニュメントとしてのあり方を模索しようと「構造社」を組織した。そういえば、そのさきがけ的作品として日名子が1925年にデザインした関東大震災の慰霊塔「蔵魄塔(ぞうはく)塔」も近くに現存する。

 

       

さて、ご覧の通り、この阿吽の形相の一対の狛犬、特に今にも大きな敵に今にも飛び掛からんと臨戦態勢の狛犬(▲▲(仮に狛犬Aとします))の迫力は凄まじい。もう一頭(▼(狛犬B))もこの飛び掛かろうとする狛犬の視線に合わせて振り向こうとしているかのように見える。

 

そして狛犬というある意味定型化した造形表現の中に、昔から人々の特別な意思や願いを込めることがあったのではないか、というのが今回言いたいことである。

 

     

ちなみにこれら石造の狛犬本体はいつ制作されたのかはっきりしないのだが、明治以前に作られたような古めかしさを感じさせる。ただし台座についてはコンクリート製で塗装が施され、恐らく昭和期以降の修復によるものではなかろうか。

 

はっきり言おう。私が思うにこの狛犬は襲い来る敵である大津波(高潮)に向って飛び掛かろうとしているのであり、津波を倒して市井の人々を護ろうと必死になっている姿に見えるのである。

 

     

 

現在の洲崎神社社殿(▲)は、震災や戦災などで昭和43(1968)年に再建されたものである。

創建は元禄13(1700)年に桂昌院が江戸城中紅葉山の弁財天を遷座した弁天社として成立した。当初は埋め立ても進んでおらず海面に浮かぶ小島の弁天社であったらしい。
しかしその後の寛政3(1791)年の津波(正しくは高潮による海面上昇)によりこの周辺の家屋は流され多数の死者が出るに及んだ。幕府は洲崎弁天社から西側一帯の土地を買い上げ居住禁止区域としここを東北端、平久橋の袂を西南端とした津波警告の碑として寛政6(1794)年「波除碑」(▼)を建立、損傷はあるが現在も文化財として存在する。

 

        

 

        

つまり洲崎神社は昔から津波に対する警告の発信地であり続けている。そうした神社の経緯、狛犬の形相とその視線がまさに東京湾の方向(▼)を向いていることなどからして、津波から護ってほしいという庶民の願いが、いつの時代にかこのような狛犬を生んだのではないかと推測している。

 

もしそれが本当なら、なんと頼もしい狛犬、なんとカッコいい狛犬なのだろう・・・

 

    

 

 

 

 

 

 

| パブリックアート | 16:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 16:39 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/425
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE