収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 星薬科大学(旧・星商業学校) | main | 昭和第一高等学校(旧・昭和第一商業学校)増築部 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
林芙美子邸(現・林芙美子記念館)

        

      1941年,東京都新宿区,山口文象,現存(撮影:2016年)

 

 戦前の日本でモダニズムを指向した建築家には、二通りあったように思う。もちろんはっきり分けられるものではないけれど、ひとつは西欧のモダニズムを比較的素直に受入れ根付かせようとした建築家。レーモンドやコルビュジエの弟子前川國男、それからここに挙げた挙げた山口文象もバウハウス帰りの建築家という意味であてはまるかもしれない。
 そしてもう一方は、モダニズムを単に受け入れるだけでなく日本の伝統建築との融合を試みた建築家。堀口捨己、吉田五十八、白井晟一、藤井厚二と結構多い。吉田鉄郎もこちらの仲間かもしれない。

 

 わざわざこういう見方をしたのは、こうすることで林芙美子邸の位置が見えてくるかもしれないと思ったからである。前者の建築家の立場からすれば伝統的和風建築の仕事はあまり表に出したくないなずで、「余技」「建築家のたしなみ」としておくことが多かったようである。山口自身、この建物を建築誌上に発表しなかったそうである。

 

     

 施主の林芙美子は200冊近く参考書を買い入れ京都へ赴くなど住宅造りに執念を燃やしていた。山口は専門家的な立場でアドバイスを行い、施主を立て趣味に沿いつつ設計したようである(特に諸事情を逆手に取り込み、2棟の建屋を中庭を介して配置した山口の構想には巧みさを感ずる)。

 しかしその結果の産物としてのこの住宅は、どこを取っても構成感覚みなぎる住宅であり、モダニズムと身に付いた伝統とが無意識のうちに混然一体となった傑作として見えてくる。こういう和風モダン住宅のあり方もあるのだろう。知らず知らず、後者の堀口や吉田の道を別ルートでアプローチしていた建築と言ったらほめ過ぎか。

 

     

 

 

 

 

 

 内外問わず見られる抽象的な線と面の構成。その意図は「太鼓張り」の障子(▼)からも明らかである。

 

        

 

        

 林の好みによる印度更紗貼りの襖(▼)が艶やか。戦後に堀口が八勝館御幸の間で行ったのを、どうしても思い起こさせる。
 

        

 

 機能に沿って造られたと思われる人研ぎの流し台(▼)は、どことなくシステムキッチン的なものの萌芽を感じさせる。他に水洗トイレなど近代的な設備が完備されていた。注目すべきは使用人室の二段ベッド(▼)。「創宇社」を結成した山口らしさがちらほらと・・。プロレタリアートのための機能的な寝室のようにも見える(この機械的なしつらえは確か列車の二段ベッドがヒントになったとか)。

 

 

 

 アトリエ(▼)は大空間に太鼓張り障子の大採光窓とトップライトを備えた、ドラマチックな木造モダニズムの空間であった。しかしこの部屋だけが各要素をシンメトリーに配した空間であることも少し気にかかる。和室が非対称の面のコンポジションを強調するのに対して洋室のアトリエは左右対称、この「転倒」が何を意味するのか、答えはみつからない。だが少なくとも、山口独特の大胆で潔いモダニズムの造形をここに感じ取ることができる。

 

        

 

     

 

     

 こうして1940年代の物資統制下における、時代の困難を克服して建つ和風モダン住宅が、ほぼ完全な形で残っていて私達の目を楽しませてくれることは、とてもラッキーなことだと感じた。

 

 

 

 

 

| 1940年− | 18:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 18:57 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/428
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE