収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 石本喜久治のブルーノ・タウト会見ルポルタージュ(1922.11 於ドイツ マグデブルク) (前編) | main | 京都大学楽友会館 >>
石本喜久治のブルーノ・タウト会見ルポルタージュ(1922.11 於ドイツ マグデブルク) (後編)

      

 

■5.色彩都市マグデブルクの感激
 前回から続く。早速『サンデー毎日』1923(大正12)年5月27日号「表現派の建築」の記事の内容に移りたい。(掲載の画像は記事残りの下段部分です)

 記事はタウトに面会し都市計画の全体像を説明された後、その第一歩である鮮やかに塗られた街並みを助手のカール・クライルの案内により見学、それに対して石本が感想を述べる形で書かれていた。市庁舎、郊外の工場、共同住宅群、クライルの住む田園住宅群と同氏の家のインテリアを案内され、クライル宅のインテリアの写真については3枚ほど記事に挿入された。まず市庁舎を見て石本は感心する。(以下青文字部分は『サンデー毎日』記事から引用)。

 

  屋根は緑、軒蛇腹は黄色、胴蛇腹は紫、壁は白に、柱型は赤色・・・内部も同様
  繰型どほりに色をちがへて、赤青黄紫黒などゝ階段室も広間も廊下も天井床壁
  腰羽目扉窓枠入口廻りなにもかも思ひつきてあゝもやれたものだと感心する。

 

 案内するクライルは大通りの建物をあれこれ指さしては「イミタチオン」とあざ笑ったことが書かれているが、これはタウトの影響であろう。後年来日したタウトは洗練されていない模倣建築をあれこれ拾い上げては「いかもの(=imitation)」と嘲笑っていたが、ドイツ時代から既に助手に伝染していたほどだったとは・・・。

 数件の建物を案内された後、最後にクライルの家に案内され、その内装を見た石本は以下のような言葉で締めくくっている。

 

  広間も階段も支那料理屋のそれよりも激しい色。・・・その前にあるテーブルから

  二三脚ある椅子、左手に飾られてる戸棚、家具、悉くが極彩色。勢ひあまって床

  にまで及んでいるのには唖然たらざるを得ない。家具類は一切手製で思ひきつ

  たその彩色に劣らず極めて突飛な形をしているが色と形とが気持ちよく調和し

     実に面白い。

 

 「実に面白い」―石本は極彩色の内装に驚きつつ、正直な気持ちで好感をもって受け止めていた。否、よほど印象深かったのか、石本の洋行記録『建築譜』の巻頭にも、クライルから贈られたのであろう同氏作の色鮮やかなドローイングが唯一カラー画像として掲載されていた(▼左:『建築譜』表紙,▼右:巻頭頁クライルのドローイング《composition》)。そして同著書序文において石本氏は、派手に塗られた震災バラックの建物に触れ「所謂バラツク芸術の出現に当面して非常な感激を受けつつある」と称賛した。他の分離派建築家ら多くはバラック装飾に否定的であった中において。

 

      

 

 

 また、同行した仲田定之助も日記の中にマグデブルクについて記している。なかなか面白いことをやっているとしながらも、石本とはやや異なる印象を受けたようである(以下赤文字部分は仲田日記より)

 

  Krayl氏の考えでは全市を色でぬりつぶすらしい。Alte Magdeburgは慄えて

  いると云った、慄へる筈だ。この人達は一種の色魔だ(文字通りの)(*1)

 

 

■6.敗戦後の心理、表現主義の色彩
 しかし石本がマグデブルクの彩色を肯定的に見ていたのは、本人の主観的嗜好だけでない。ドイツに赴いたからこそ肌で感じ取ったであろう第一次大戦敗戦後の暗く絶望的な心理とそれが引き起こす反発力、生命の爆発的発露に対する理解と同情の念が多分にあった。従って、外壁の色彩化自体を建築の究極的な終着点とは考えておらず、クライル氏が自らの置かれたやむなき一時的な状況として「建物塗師(ハウスマーラー)」と自嘲していたことを、石本は忘れずに言い添えた。

 尤もこうした感想は、後で述べるように、石本自身が考える本来の建築的理想とは異なるという前提に立った上で示したものであったことにも注意しておく必要があろう。(その意味では、後の白木屋など石本の作品に見られるモダニズムときらびやかな装飾が同居する二面性を、この記事が既に暗示していたのかもしれない。)

 

      たゞ止むをえないがゆえに、古い建物をぬりかへて、せめて色彩のうへからで

      も新しい気分が味はひたいといふ今の場合は全く例外で、その建物は一つの画

      布(カンバス)にすぎず、その塗られたものは建築的にはなんの意味をもたな

      い一つの絵画として見られるべきものであらう。氏は不平と謙遜とから『自分

      は建築家よりも建物塗師(ハウスマーラー)』といつているが気の毒ながら今

  のところ全くそのとほりである。   (カッコ内は筆者補足)

 

      


■7.洋行と石本の建築観
 このように石本はマグデブルクに率直に魅せられ、あるいは敗戦後の一時的な対処としての「色彩都市」に対して一旦は理解を示した。しかし自身の思考の中で理性的に建築の向かうべき方向を見定めるもうひとりの石本は、建物を塗り込めることに不賛成の意思を示した。つまり日本の分離派のひとりとして、建築を自立した芸術と考える石本からすれば、建築を絵画的二次元芸術のためのキャンバスも同然の存在に追いやる扱いを許すことはできなかった。そして表面的付加的な色彩(=装飾)は建築にとって無意味であるとし、それを否定する考え方につながっていた。結局のところ(「色彩宣言」で示されていたにもかかわらず)鮮やかな色彩を、タウトの建築における本質的なこだわりとして見ることはできなかったようなのである。

 

 

      しかしこんな調子に建築を一ツの画布と心得てそれに描き、または塗りた

      てることには賛成出来ない。・・・建築的にはなんの意味をもたない一つの

      絵画として見られるべきものであらう。

 

 そして建築のあるべき姿として次のように述べた。

 

      地球もしくは宇宙そのものを画布(カンバス)もしくは土台としてそのうへ

      に建築的に描きかつ刻むのでなければならない。さうしてやがては、絵画も

      彫刻も音楽までもが、それぞれの境界を撤してとけあひ、そこに渾然たる真

      義の綜合芸術が生れいでんことを究竟(きゅうきょう)の理想とする。

                                                                         (カッコ内は筆者補足)

 総合芸術として建築を捉え直し、付加的要素としてではなく絵画彫刻音楽までをも有機的に統合された姿としての建築を理想と語ったのは、恐らく石本にとってこれが初めてであろう。ただしかし、壮大なスケールからそう思えるだけかもしれないが、どこか「アルプス建築」「宇宙建築師」などブルーノ・タウトが夢見たユートピアの影響下で発せられた言葉であるような印象を受けなくもない。この時点では、石本の建築観というよりも、ドイツ表現主義に身を浸し興奮さめやらぬ中で発せられた言葉であったのだろうか。

 

■8.放浪者(Vagabond)

 石本は刻々変転する近代建築運動の渦中に直に身を投ずる旅を行った。そしてドイツの建築動向を『建築譜』で整理しつつもさ迷う心中を率直に認め、解説の締めくくりで自らを「放浪者(Vagavond)」と喩えた。「Gropiusに参じて主義に斃(たおれ)るべきか Poelzigに就いて趣味に溺(おぼれ)るべきか Tautに倣って空想に終わるべきか。Vagavondは所詮 Vagavondである。」  (カッコ内は筆者補足)

 『サンデー毎日』の記事はまさに近代建築運動を直に体験した直後の興奮、放浪する石本の生の心を写し取った一文であったように思える。

 

 

  *1:「仲田定之助日記(1922−1923)抄」(寺門臨太郎,山本佐恵,江口みなみ 2016年 美術批評家著作全集第18巻 仲田定之助所収 ゆまに書房)

 

 

| 1920年− | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 15:23 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://20thkenchiku.jugem.jp/trackback/432
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE