収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 瀧澤眞弓設計の「日本農民美術研究所」 ―山本鼎の農民美術運動がもたらしたもの(その5)― | main | 京都大学農学部表門および門衛所 >>
蒲郡市民体育センター

1968年,愛知県蒲郡市,石本建築事務所(担当:鶴田日夫),現存(撮影2019年)

 

 

1年半も間を開けてしまいましたが、ここでまた再開です。期待して頂いた方(がおられるかわかりませんが)には、申し訳ありませんでした。もちろん撮り貯めた建物は結構ありますので少しだけご期待を。

 

 再開第一号は、極めてフォトジェニックな建物「蒲郡市民体育センター」。「構造の時代」とも言える1960年代において、地方にもそうした建物は開花していたのである。
 石本喜久治亡き後も組織事務所として多数の作品を生み出した石本建築事務所において、この建物は最も構造表現が明快な作品と目される。担当した鶴田日夫(ときお)氏の竣工時の解説によれば、屋外でスポーツを楽しむような解放感を得たいと考え、

      「1枚の垂れ下がった屋根が競技場の上にかかっている、ただそれだけである。」

という極めてシンプルなコンセプト・イメージによる計画を打ち出したのであった。そしてリジッドな現場打ちコンクリートの両腕でサスペンション鉄骨梁を摘まんでいるという格好となったわけだが、とかくシンプルな考え方ほど複雑な苦労がつきまとうものであり、そうしたことも吐露されていた。構造設計は同事務所の荻野郁太郎氏の手による。因みに鶴田氏の最初の担当作もHPシェル構造を屋根に用いた、戸塚料金所のトールゲートなのだそうである。

 しかし外観が構造的な苦労の跡を物語っているとすれば、それはたぶん内観に置いて十分に報われている。つまり内部空間の解放感は素晴らしく、天井はほとんど宙に浮かんでいるかのよう、との一言に尽きる。ロビーのレリーフは喜代志松治氏による。

 

 

 

 

 

 現在の鶴田氏は既に引退された身ではあるが、最近お会いして話を伺ったところ、今から半世紀前のこの建物は最も思い出深い仕事とのことであった。それというのも、公共建築でこれだけ思い切った形を提案したときはやはり計画に反対した議員さんが何人もいたのだそうである。若き日の鶴田氏は大きな鳥が飛び立つイメージのパース画を披露しつつ涙ながらに説得し、どうにか支持者を増やして実現に漕ぎつけた、そんな思い出があるのだそうだ。
 また建築に詳しい人なら、サーリネンの《ダレス空港》(1962)に似ていると思うであろうし、竣工後にはそのようにも言われたらしい。事実アメリカからも連絡を受けたのだそうだが、もちろんこれが独自の考え方による建築であることを説明し、相手方にも受け入れられ、オリジナルの建物としてちゃんと解決済みになっているのだそうである。

 

 こうした地域にとっても誇るべき建物が、手を加えられながら大切に使われていることは、何よりも素晴らしいことだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| 1960年− | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 23:15 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE