収蔵庫・壱號館

日本の20世紀をメインとした建築画像の保管庫
<< 京都大学総合体育館 | main | 千駄ヶ谷で見かけた、気になる黄色いビル >>
日本赤十字社京都府支部

    

    1966年,京都府京都市東山区,設計者不詳,現存(撮影:2018年)

 

京都にて、バスに乗って三十三間堂近くの車窓の外を眺めたら、面白い建物が目に飛び込んできたので思わずシャッターを切った。それで窓ガラスの青色のため、画像もこのとおりです。ご勘弁を。

また設計者は誰なのでしょうか。今のところ私には分かりません。

 

コンクリートで日本的な建築の柱ー梁を模した、1960年代に流行った建築造形が顕著です。

 

    

| 1960年− | 10:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:47 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇]
叢書・近代日本のデザイン 25 [大正篇] (JUGEMレビュー »)
分離派建築会,関西分離派建築会
「分離派建築会」作品集3刊の、初の復刻本が刊行されました。末尾の解説文は私が担当しました。
収蔵庫・壱號館
ここは本家サイト《分離派建築博物館》背 後の画像収蔵庫という位置づけです。 上記サイトで扱う1920年代以外の建物、随 時撮り歩いた建築写真をどんどん載せつつ マニアックなアプローチで迫ります。歴史 レポートコピペ用には全く不向き要注意。 あるいは、日々住宅設計に勤しむサラリー マン設計士の雑念の堆積物とも。
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE